仏壇Q&Aイメージ

お仏壇に関する質問編 Questions

創業35年の仏壇店が、独自の見解も織り交ぜながら、
お仏壇に関する「例題の紹介」「良くある質問」に回答を致します。

お仏壇購入前の質問

お仏壇購入後の質問

お仏壇に関する回答編 Answers

お仏壇を飾る意味って何?

お仏壇は家の中のお寺のような存在です。
お仏壇の最上段には少し高くなったところがありますが、これを須弥段といい、「ご本尊」を祀ります。 位牌壇(一段下)にはお位牌(ご先祖様)を祀ります。これはご本尊にお位牌(ご先祖様)が守られているという考え方です。

お仏壇の前に座るとなぜか自然に姿勢が正され、きちんとした態度をとります。
毎朝、ご先祖様に家族の無事・日々の感謝をし手を合わす。時に懺悔の気持ちを願うこともあるでしょう。 日々の生活の中にこのようにお仏壇があることにより仏様が必ず精神的な支えとなって、守ってくれるというのが私たち日本人の自然な思いです。

死後の世界があるのかどうかは分かりません。ですが、亡くなられた方が今もどこかにいらっしゃると考えることは自然な思いです。
もしそうだとしたら、お仏壇を買い、毎日、ご供養し、会話をかわすことで、亡くなされた方は喜び、そして、見守ってくれるでしょう。そう信じることで、前向きに生きていくことができます。

最近では子供の教育の為にお仏壇を買われる方も増えております。
家族がお仏壇にお祈りする姿は、家族への信頼や、他人に対する慈愛の心を育て、目に見えないものの価値を考える姿勢を育てます。また、お仏壇はご先祖様や親戚のことを学ぶためのきっかけにもなります。

親戚とお仏壇にお参りしている
お仏壇の購入時期はいつ頃がいいの?

お仏壇を購入する時期は、四十九日までに購入する方が多いでしょう。
四十九日までに必ず本位牌を作りますが、その際に本位牌を飾る場所がないのは少し寂しい気がします。 故人を偲び、お線香をあげに来て下さる方もいらっしゃいますので出来れば早目に用意するのが理想です。

お仏壇の購入時期

それ以外は、お盆、お彼岸、年回忌、家の新築・リフォームなどを機会としてお求めになる方が多いです。お仏壇を購入するのに、良い時期、悪い時期はありません。「ご先祖様や故人様をご丁寧にお祀りしたい」そう思い立ったときが購入時期といえます。

お仏壇の種類はどれを選べばいいの?

大きく分けて下記の3種類に分けられます。

モダン仏壇・唐木仏壇・金仏壇

モダン仏壇

家具調仏壇や現代調仏壇・リビング仏壇など様々な呼ばれ方をします。 現代の生活様式に合うタイプのお仏壇で、洋間・和室を問わず置けることから近年のシェアは増え続けております。 (首都圏におきましてはお仏壇全体出荷数の8~9割がモダン仏壇となっています)

故人の好みやイメージに合わせられるという点も人気の秘訣ではないかと思います。 宗派は問わずどの宗派の方でもお使いいただけます。 お仏壇の材料も世界三大銘木のウォールナットや高級な家具材として使われる バーズアイメープルなどヨーロッパや北米などの木材を用いて作られております。

上置きモダン仏壇カテゴリ
台付きモダン仏壇カテゴリ

唐木仏壇

唐木仏壇は、黒檀や紫檀などの輸入銘木や、ケヤキや桑などの国産の銘木を使い、木材の木目を生かして造られた昔ながらのお仏壇です。
唐木仏壇は、宗派による形の違いはありません。シンプルなつくりの東京仏壇、内部が三方金で飾られた大阪唐木仏壇など作られた地域によって少し形が違います。 宗派はどの宗派のかたでもお使いいただけます。浄土真宗以外の宗派で飾ることが多かったですが浄土真宗の場合でも唐木仏壇を選ばれる方もおられます。

上置き唐木仏壇カテゴリ
台付き唐木仏壇カテゴリ

金仏壇

金仏壇は、白木を素地に漆やカシューなどで仕上げ、金箔や金粉で装飾を施した仏壇です。
蒔絵、彫刻、錺金具などの日本古来の伝統工芸の技法が集約されており豪華さが特徴です。 古くから浄土真宗西・浄土真宗東は金仏壇を推奨しています。宗派によって形状・内部のつくりが大きく異なり、特に浄土真宗の西本願寺派・東本願寺派・高田派の各派は、様式の違いが顕著で、宮殿や欄間のかたちに違いがみられます。
なお浄土真宗以外の宗派で金仏壇を置いてはいけないということはありません。

またルミエールでは「和室に合うモダン仏壇」をコンセプトに和モダン仏壇も展開中。
和モダン仏壇

唐木仏壇の伝統的な作りや木材を使用し現代の住宅事情に合わせた仏壇です。
唐木仏壇特有の欄間の細かい彫刻など施さず、スッキリしたイメージで、和室にも合うお仏壇です。

お仏壇のサイズの○○号って何?

仏壇・仏具の寸法は尺貫法が基本になっています。
(1尺=約30cm 1寸=約3cm 1号=約3cm)
尺貫法は現代にはなじみが薄いので、当社ではなるべくセンチメートル(cm)で記載しておりますが参考までにご覧ください。

上置き仏壇の場合

上置き仏壇は高さのみで言われる場合が多いです。 なのでお仏壇の形状によって号数は同じでも幅が広いお仏壇もあります。
例:18号…高さ約54cm
(18号×3㎝でお仏壇の高さになる)

上置き仏壇のサイズ
台付仏壇の場合

台付き仏壇は高さと扉を閉じた横幅で言われる場合が多いです。 高さ×戸幅の外寸寸法が用いられます。戸幅とは、扉を閉めた時の横幅です。
例:45-15…高さ4尺5寸(約135cm)×戸幅1尺5寸(約45cm)
(45×3㎝、15×3㎝でおよその高さと横幅になる)

台付き仏壇のサイズ
お仏壇の購入価格は平均でいくら位?

下の図は全国のお仏壇購入者の平均価格になります。

お仏壇の全国平均購入価格

この統計から分かる通り、お仏壇の購入価格はどの価格帯が特に多いということもなく、それぞれ異なっています。

ルミエールでは国産仏壇の割合が約9割の比率で運営しておりますが、下記がルミエールでのお値段の目安となります。

お仏壇の種類
  • オープン型のパーソナル仏壇のおよその平均価格:約5万円
  • コンパクトなミニ仏壇のおよその平均価格:約10万円
  • 上置き仏壇のおよその平均価格:約15~35万円
  • 台付き仏壇のおよその平均価格:約30~50万円
お仏壇の日本製・中国製・インドネシア製の違いは?

近年、安価な海外製のお仏壇もとても増えてきました。

海外製のお仏壇が悪いというわけではないですがプリント材(木目の写真を張り付けたもの)などが多いということも事実です。 安価なお仏壇を購入することが悪いわけではありません。しかし、印刷の木目はいずれ色あせたり最悪の場合、剥がれてきます。

お仏壇は大切なご先祖様・故人様の家ともいえますのである程度はしっかりとしたものを選んであげたいものです。

ルミエールでは国産仏壇90%の割合で運営しておりますが、一部 インドネシア製と中国製もございます。それぞれ取り扱った経緯も含めご紹介致します。

日本製のお仏壇

国産のお仏壇は品質が海外製に比べ、高品質です。これは誰でも想像できると思いますがなぜ高品質なのかということも含めてご紹介致します。

  1. 使う場所と同じ環境下で作っている為、木材の狂いが少ない。
  2. 日本人の妥協のない繊細な国民性のもと製造しているため、高品質である。
  3. 海外にはない独自の技法(蟻組技法)や技術(手書き蒔絵)などが豊富にある。
  4. 国産の良いものを購入したいというユーザーに向けて製造している為、スペック自体が高スペック。
  5. 【当店の場合】業界でも3本指に入る国産メーカーが作っているので高品質。
中国製のお仏壇

中国製のお仏壇はルミエールでは1本~2本しか取り扱っておりません。「良いもの安く」の当社コンセプトにそぐわない点が多いので、自然と展示本数も少なくしております。中国製のお仏壇に多いのがプリント材(木目の写真を張り付けたもの)です。○○調(例:黒檀調)と書かれている木材はプリント材になります。これは品質を求める方にはオススメしません。

  1. 使う場所と違う環境下で作っている為、木材をしっかりと乾燥させないと狂いが生じる。(扉等の不具合につながる)
  2. コストパフォーマンス重視なので木材の乾燥に時間をかけずに作っている場合が多い。(扉等の不具合につながる)
  3. 日本の繊細なモノ作りの気質が中国の方々にはないことが多い。
  4. 良質な木材を仕入れられるルートがない場合がある。
インドネシア製のお仏壇

最後にインドネシア製のお仏壇ですが、海外の中では国産に一番近い品質で作っているお仏壇の中の一つです。お仏壇で最高級木材の部類に入る「本黒檀」ですが、これはインドネシアが産地です。(日本では産出できない木材です)

  1. 黒檀・紫檀は産出される場所で生産している為、流通コストが下げられる。
  2. 黒檀・紫檀以外の木材で作られたものはあまりメリットが少ない。
  3. 【当店の場合】黒檀・紫檀の厚板貼りや無垢材で作られた高スペックなものが多い。
  4. 【当店の場合】木材をしっかりと乾燥させたものを使用しており、不具合が少ない。

現代のお仏壇業界では品質表示を正しく表示することが義務付けられております。 「仏壇公正取引協議会」に加盟しているお店は 正しい品質表示で「安心してお仏壇を購入できる店」の目印です。

お仏壇の購入前にすることがあれば教えてください。

お仏壇の購入前にしていただきたいことは下記の通りです。

  1. ご自宅のお仏壇を置く場所を決め寸法を測る
  2. すでにご本尊やお位牌などがある場合は寸法を測る
  3. ご本尊やお位牌を新しく作る場合はお寺さんに魂入れをしてもらうのでお寺さんに法事の日程を相談する
お仏壇を購入前の準備

お仏壇を家に迎えることはおめでたいこととされています。
なので迎える部屋のお掃除をし、ご先祖様を迎えるのが良いでしょう。
また当社ではご本尊やお位牌をご購入頂いた方にはお寺さんに渡す、宗派に合った表書きののし袋をサービスしております。

白い仏壇が気に入りましたがお仏壇で白ってどうなの?

当社では何種類かの白い仏壇を取り扱っております。お店に来られるお客様も白い仏壇にびっくりされるかたもいらっしゃいます。

仏壇=黒色(暗いイメージ)という概念は、私たちが想像でつけているもので、本来の仏教の教えを辿っても色、形には決まりはありません。大切なのはご先祖様への感謝の気持ちと大切に供養したいと思う気持ちです。

小さいお子様をなくされた方などは白い仏壇を見て、「あの子にはこのお仏壇が一番合う」と購入される方もいらっしゃいます。

白い仏壇「ブランシュール」上置きタイプ
ヨーロッパ調仏壇 ボヌール ホワイト 上置き型タイプ
白い仏壇「ブランシュール」台付きタイプ
白い仏壇「ブランシュール」上置きタイプ
長男で無いからお仏壇はいらない?

まずお仏壇は一体何を祀るものかを考えた時に多くの人は、「ご先祖を祀る場所」と考えていることが多く、お仏壇をお持ちでない方はその理由として「うちにはまだ仏さんがいないから」と言われることがほとんどです。

本来お仏壇は、「ご先祖を祀る場所」と同時に「ご本尊をお祀りする場所」であるということを忘れてはいけません。

そのご本尊によって、私たちは守られ、日々の生活を健やかに過ごせるわけであります。 長男でも次男でもその家のご本尊は必要ですので、お仏壇を一族に一台ではなく、一軒に一台ずつお仏壇を安置することが正しいとされています。

「お位牌は一人に一つじゃないの?」ということをよく聞かれます。 兄弟が多くて、それぞれ遠方に住んでいて、両親の供養のために、本家にお参りになかなか行けないというような場合は、お位牌を複数作って、兄弟でひとつずつ作る形が良いでしょう。位牌分けといって子供の数だけお位牌を準備しなければいけない地域もあります。

お仏壇の木材(材質)はどんなものがあるの?

お仏壇の原材料には、黒檀や紫檀、ウォールナットといった銘木が使われています。 銘木というだけあって木目が美しく、格調高い趣があるのが特徴です。

特に高級木材の黒檀・紫檀においては類似木材が黒檀・紫檀と表示されることのない様に細かく分類されております。これは「仏壇公正取引協議会」で厳しく定められています。

下記はモダン仏壇や唐木仏壇によく使用される木材の材質です。お仏壇を選ぶ際の参考にして下さい。

本黒檀(ホンコクタン)
黒檀・エボニー 黒地に美しい木目が浮き出た、お仏壇材料としては最高級木材です。極めて硬く、耐久性に優れ、虫や菌に侵されにくい上、乾燥性が良いという特徴があり半永久的な耐久性があります。木のダイヤモンドとも言われています。インドやスリランカ原産の「インド黒檀(真黒)」、インドネシア原産の縞模様の美しい「スラウェシ黒檀(縞黒檀)」が本黒檀と表示できる木材です。
黒檀(コクタン)
黒檀・エボニー 黒地に美しい木目が浮き出た、お仏壇材料としては高級木材です。黒檀の中でもインドネシア・カリマンタン島で産出される「カリマンタン黒檀」、インドネシア・スラウェシ島のアマラで産出される「アマラ黒檀」、スラウェシ島東部に位置するマルク諸島で産出される「マルク黒檀」が黒檀と表示できる木材です。いずれも品質・市場価格は本黒檀には及びませんが、同等に近い品質を持っています。
本紫檀(ホンシタン)
紫檀・ローズウッド 本黒檀と並ぶ、お仏壇の材料としては、最高級木材です。紫檀の中でもインド南部で産出される「インドローズ」、中米で産出される「ココボロ」・タイ・ラオスで産出される「パイオン」という種類の紫檀を本紫檀と表示できる木材です。硬い木質ですが、木肌は緻密なのが特徴で、「紫」というより、どちらかといえば「赤茶」色をしています。油分を多く含むため磨くと美しい光沢がでます。また重量が大きく水に沈むという特徴があり、正倉院の唐木細工の中では最も多く見られ、古くから珍重されています。
紫檀(シタン)
紫檀・ローズウッド 黒檀と並んで、お仏壇の材料としては、最高木材です。中米で産出される「ホンジュラス・ローズウッド」、タイ・ビルマで産出される「チンチャン」、インディアン・ローズウッドの種をインドネシアで育てた「ソノケリン」、タイ・ミャンマーで産出される「花梨(かりん)」が紫檀と表示できる木材です。いずれも品質・市場価格は本紫檀には及びませんが、同等に近い品質を持っています。
紫檀系(シタンケイ)

紫檀系とは通称で厳密にいうと紫檀の代替木材です。どの木材も紫檀に似た特徴を持つことからお仏壇業界では紫檀系と表示されることがあります。

パーロッサ(パオロッサ、パオローサ)

紫檀と同じくマメ科の樹木。樹高30m、直径90cmに達するものもあるが、産出量は減っている。主要産出国はモザンビークなど。パーロッサとは「赤い木」という意味で濃赤色の木肌の木材です。紫檀と同じく腐食に抵抗力があり耐久性に優れた木材です。

パープル or ボリビアンローズウッド(パー・フェロー)

ボリビアを中心とする中南米原産のマメ科マチュリアム属の植物。主にギターなどの弦楽器目的でも多く使用される木材です。本紫檀と比べると色が薄いのが特徴で、紫檀と同じく腐食に抵抗力があり耐久性に優れた木材です。

グラナディロ

中米ホンジュラス、ニカラグア、コスタリカ、パナマから南米コロンビアで産出されるマメ科の広葉樹。古くから工芸材料として利用されています。紫檀と同じく腐食に抵抗力があり耐久性に優れた木材です。

ブビンガ(アフリカン・ローズウッド)

非常に太い木になり、世界中でも硬質材でブビンガー以上の大径木はないと言われております。アフリカの大地にそびえる巨木らしくどっしりとした存在感があります。葡萄杢という木目が特徴で、美しい木目がお部屋を飾ります。大型和太鼓の胴にも用いられます。紫檀と同じく腐食に抵抗力があり耐久性に優れた木材です。

屋久杉(ヤクスギ)
屋久杉 屋久島に自生している杉で、樹齢千年を超える物が屋久杉と呼ばれています。今では天然記念物に指定されており伐採ができず、お仏壇に使用するのは落雷や風による倒木を再利用したものです。大変貴重な銘木です。
桜(サクラ)
桜 日本の伝統的な樹木である桜は狂いが少ない緻密な木目が特徴で、古くから高級家具や建築材、楽器材、彫刻材など幅広い用途で用いられています。お仏壇に使用するとやさしい温かさが出る木材です。また、皇太子殿下のお住まいは、サクラ材が使用されています。
欅(ケヤキ)
欅(ケヤキ) ケヤキは強靭で狂いが少なく耐朽性にも優れているという実用性の高い特徴を持ち、外見的にも木目が力強くて美しい事から古来より日本国内で最良の広葉樹として扱われてきました。日本の広葉樹材では第1番の良材です。様々な用途で使われますが特にお寺の建築にはケヤキが欠かせないものとなっています。お仏壇もケヤキを使用したお仏壇は高級仏壇となります。
ウォールナット
胡桃・ウォールナット 世界三大銘木の一つであるウォールナット材は日本で言う胡桃(くるみ)の木のことです。木材の中でも最高ランクの評価を得ているこの木材は、「家具材のロールスロイス」とも呼ばれ、チェアやテーブル、キャビネットといった高級家具や世界の高級車のウッドパネルなどに使われています。アメリカンウォールナットやブラックウォールナットなどと呼ばれますがこれはアメリカ産のウォールナットを指します。当社で取り扱っておりますウォールナットはすべてアメリカンウォールナットです。
ニューギニアウォールナット
ニューギニアウォールナット クルミ科のウォールナットとは全く別の木材でウルシ科の広葉樹です。別名:ダオとも呼ばれます。東南アジアやパプアニューギニアなどに分布しており、ブラックウォールナットの代用として用いられることが多い木材です。濃淡のある黒の縞模様が特徴で、この縞の出方は、同じ産地であっても丸太によって違い、その出方によって品質が決められます。縞がごく僅かしかないものは低価格で取り扱われています。また仕上がり面は非常に滑らかです。
タモ
佛(タモ)・アッシュ どこか優しい雰囲気の木目のタモは力を加えても折れずに「たわむ」木の性質から、その名が付いたように、タモは強さとしなやかさを兼ね備えており、加工性にも優れています。そのため、家具だけではなく、建築物や楽器、野球のバットなどにも、幅広く使われています。
ナラ(オーク)
楢(ナラ)・オーク 「ドングリのなる木」として親しまれているのが、ナラです。日本のナラは、数ある広葉樹の中でも最高級材として珍重されて輸出もされ海外でも「ジャパニーズ オーク」として一目置かれる存在になっていました。下記のホワイトオークもナラですが、一般的に日本・ロシアで採れた木材をナラと呼び、北米で採れた木材をホワイトオークと呼ばれます。モダンで洗練されたリビング空間にあって、独特の存在感を醸し出します。
ホワイトオーク
ホワイトオーク 北米産で、日本名は楢(ナラ)といいます。ホワイトオークは木目などの外観が魅力的なだけでなく、かなり高い強度を誇っています。木理が通直な為、非常に加工も容易で、更に湿気、虫害の両方に対して非常に高い耐性も持っておりまた傷が付き難い木でもあります。ホワイトオークは、ウィスキーの樽になる木として知られています。
シカモア
シカモア 主にヨ-ロッパ中部地方でとれるシカモアは色が白く、まるで絹を思わせるような光沢があります。古くからバイオリンやギタ-などの高級な楽器の表面材などに使われております。中でもストラティヴァリに使用された事は有名です。古代ローマ時代から「王者の樹」として王侯貴族に珍重され、イギリス王室専用船の内装材としても使用されているそうです。
チーク
チーク 東南アジアに分布している世界三大銘木の一つです。チークを用いたお仏壇は、伸縮性や反りといった寸法の狂いがほとんど生じにくいという特徴があります。有名な所では豪華客船クイーンエリザベス2世号のブリッジや内装にも使われています。また珍しい例では、京都の万福寺・大雄寶殿(だいおうほうでん)が、チーク材を用いた日本で唯一かつ最大の歴史的建造物として知られています。
ポプラ
ポプラ 世界で産出されている広葉樹で、特にアメリカ、カナダで多くとれます。材質の特徴は、とにかく軽いこと。レオナルド・ダビンチが描いた有名な「モナリザ」の絵は、ポプラ材に直接描かれています。
カーリーメープル
カーリーメープル メイプル(メープル)の主な原産地は北米やカナダなどです。ご存知メープルシロップのメープル(楓・かえで)です。硬いハードメープルと軟らかいソフトメープルがあり、お仏檀にはハードメープルが用いられます。ハードメープルに縮み杢が出るとカーリーメープル玉杢の小さな模様が出るとバーズアイメープルと呼ばれます。木目の美しさからお仏壇に使用すると高級感が出ます。
バーズアイメープル
バーズアイメープル ハードメープルに2000本に1本の割合で玉粒状の美しい模様が材の表面に現れたものが「バーズ・アイ・メイプル」と呼ばれています。非常に優れた強度をもち、耐久性が高く、光沢のある美しい杢目をもつことなどから別名「木の大理石」も呼ばれ、自然の作り出した芸術として人気を集めています。ギリシャ神話の中で『幸せを呼ぶ木』といわれ、英国エリザベス女王の居室にも使われていることや外車のロールスロイスなどの高級自動車などの内装に使用されています。
薄板貼り?厚板貼り?無垢材?木材の使用量について。

お仏壇の商品ページをご覧いただくと品質表示の欄に「薄板貼り」「厚板貼り」「無垢材」などの用語がでてきます。これはお仏壇の木材がどのように使用されているかを表記しております。

上の方は安価な工法で、下の方にいくにつれて高価な工法になります。

○○調着色
○○調着色 芯材に木材の色を着色したもの。芯材に直接着色するため工程を多く省いて制作できます。 品質を重視される方にはオススメしません。安価な仏壇に多くみられる工法です。品質面からルミエールでは調着色は取扱いがありません。
○○調プリント
○○調プリント 木材の模様を印刷したシートを貼りつけたもの。または、直接模様を印刷したもの。○○調とだけ表示されることもあります。 ○○調プリントは木材ではないので品質を重視される方にはオススメしません。色あせやプリント部分の剥がれがよく起こります。品質面からルミエールでは調プリントは取扱いがありません。
○○薄板貼り
○○薄板貼り

木材の突板(0.1mm~0.8mm程度の薄さの板)を芯材に貼ったもの。表面に貼りつけているので木材使用量は多くはないですが、狂いなどは出ずらく、品質も安定します。

○○薄板貼りはモダン仏壇・家具調仏壇の表面材としてはメインの工法です。

唐木仏壇にも使われることがあります。

○○厚板貼り(1方練り)
○○厚板貼り(1方練り)

木材の無垢材(3mm以上の厚さの板)を芯材に1方向から貼ったもの。○○厚板貼りは木材使用量が多く高価な工法です。薄板貼りに比べると無垢板を使用しているため、木のぬくもりを感じれます。

また以前は「1方練り」や「前練り」という表記でしたが現在は「厚板貼り(1方)」と表記されます。

モダン仏壇には台輪(仏壇の上下の板)などでよく使用されます。

唐木仏壇にはよく使われる工法です。

○○厚板貼り(2方練り)
○○厚板貼り(2方練り)

木材の無垢材(3mm以上の厚さの板)を芯材に2方向から貼ったもの。1方練りより木材を多く使用した高価な工法です。

また以前は「2方練り」という表記でしたが現在は「厚板貼り(2方)」と表記されます。

モダン仏壇ではほとんど採用されません。

唐木仏壇にはよく使われる工法です。

○○厚板貼り(3方練り)
○○厚板貼り(3方練り)

木材の無垢材(3mm以上の厚さの板)を芯材に3方向から貼ったもの。2方練りより木材を多く使用した高価な工法です。

また以前は「3方練り」という表記でしたが現在は「厚板貼り(3方)」と表記されます。

モダン仏壇ではほとんど採用されません。

唐木仏壇にはよく使われる工法です。

○○厚板貼り(4方練り)
○○厚板貼り(4方練り)

木材の無垢材(3mm以上の厚さの板)を芯材に4方向から貼ったもの。3方練りより木材を多く使用した高価な工法です。

また以前は「4方練り」や「総練り」という表記でしたが現在は「厚板貼り(4方)」と表記されます。

モダン仏壇ではほとんど採用されません。

唐木仏壇にはよく使われる工法です。

無垢材
無垢材

無垢板のみのもの。また無垢材を寄木にしたものも含む。最高級の木材使用方法です。ですがしっかりと時間をかけ乾燥させた木材でないと反りが発生します。

モダン仏壇では高級なものは採用される場合があります。ですがすべて無垢材で作ることはほとんどなく扉のみ無垢材で作ることが多々あります。

唐木仏壇にも使われる工法です。唐木仏壇の彫刻部分などは無垢材で彫刻します。

お仏壇に宗派は関係あるの?

モダン仏壇・唐木仏壇・金仏壇とお仏壇の種類は様々ありますが、絶対にその形式のお仏壇にしなければいけないといった決まりはありません。お好きなデザインのお仏壇を選ばれて良いでしょう。

モダン仏壇・唐木仏壇・金仏壇

ですが古くから伝わる流れとしては、浄土真宗本願寺派(西本願寺)浄土真宗大谷派(東本願寺)は金仏壇を推奨されており、お仏壇の形も西と東で少々違います。 浄土真宗だけどモダン仏壇にしたいなどといった場合は、特に気にせずとも良いと思いますが、気になる場合は念の為、菩提寺に相談してみるのが良いでしょう。

また日蓮正宗や創価学会の仏壇は、他宗派の仏壇と比べて縦長のお仏壇で大きく構造が異なります。

お仏壇を一式セットで購入したいのですが何を揃えればいいの?

本説明はわかりやすくムービーでご説明いたします。前半は「お仏壇には最低限何が必要なのか」を説明しており、後半は当社サイトで仏壇セットを購入する際の方法や注意点などを説明しております。本動画をご覧いただくとお仏壇をセット購入する方は必要な仏具等が明確にわかり、通販でも安心して購入できます。

使わなくなった古いお仏壇の処分は?

お仏壇には魂は入っていないとされていますが、処分の際はお焚き上げ(魂抜き・閉眼供養)を僧侶に行ってもらってから、処分します

処分を依頼するのは仏壇店が一般的ですが、寺院でのお焚き上げをうたっていない仏壇店はそのまま廃棄業者に送る仏壇店もございます。今までご先祖様との拠り所にしていた大切なお仏壇ですので、それではあまりにも寂しすぎます。

ルミエールでは古い仏壇のお焚き上げ+処分をセットで行っております。当店では引き取ったお仏壇は

  1. 僧侶に読経供養
  2. 僧侶によるお焚き上げ
  3. 供養証明書をお客様に送付

という流れになります。

お値段も4800円~の利益は一切なしの価格でお手配を承っております。

詳しくは「お仏壇のお引取りページ」をご覧くださいませ。

お仏壇が一つの家に二つあっても良いのですか?

普通お仏壇は一家に一つですが、いろいろな事情で二つある家庭もあります。

例えば、
  1. 家族の中に代々の宗旨とは別の宗旨を信心している人がいる
  2. お嫁さんの実家のお仏壇を引き取ることになった
などです。

1.の場合は「信仰の自由」を尊重し、それぞれの部屋に置いてお祀りすればよいでしょう。

2.の場合は、置く場所の都合で困難な時は、奥様の実家のお仏壇は整理するようになります。

奥様の実家のお位牌を一緒にまつることも、ご家族の了解さえあれば問題ありません。 先々、お子様が先祖の仏壇や位牌を見ていくことを考えれば、一つにまとめてあげた方が良いでしょう。

お仏壇の向き・方角は決まりがあるの?

基本的にお仏壇の向き・方角は北向きを避けてお祀りする方が良いでしょう。(お仏壇の扉が北を向かない様にします)

昔から仏壇の向きには諸説ありますのでご紹介いたします。

南面北座説

仏壇を南に向け、北を背にして仏壇を安置する考え方です。この向きは仏壇に直射日光があたらず、 風通しもよいので、最適な仏壇の安置場所になります。ここから、仏壇の北向きはよくない、と言われるようになったようです。

西方浄土説

西方浄土とは極楽浄土のことで、西方浄土の方向にある西に向かって拝めるように、仏壇を東向き(お仏壇の扉を東に向ける)に安置します。

本山中心説

お仏壇の前に座って礼拝するとき、拝む延長線上に宗派の総本山がある方向に安置します。
本山によって、住む場所によって、西向きにも東向きにも南向きにもなります。

どの説をとるかでお仏壇の向きはどの方向にも変わります。あまり向きにはこだわらず住宅の事情に合わせ、北向きをさければ問題ないでしょう。

お仏壇の配置はどこがいいの?

家の中でのお仏壇の配置は家族で毎日拝める場所を選ぶことが重要です。

従来は和室の「床の間」や「地袋(床の間の脇の小戸棚)」などに設置するのが一般的でしたが、近年では和室自体を設けない住宅などもあり、 モダン仏壇は洋間に置いても違和感がないという事からリビングなどに設置する方も多くなっております。

またお仏壇は木材で出来ているので、冷暖房が直接当たってしまう場所や直射日光が当たる場所は劣化を早める為、避けて下さい

また同じ部屋の中に神棚を設けている場合、神棚とお仏壇が向かい合うのは避けたほうが良いでしょう。 どちらかに拝んでいるときに背を向けてしまうということから「凶相」であるといわれています。 2つ同じ部屋にを置く時は、並べて置くか、L字になるように置きましょう。

お仏壇の配置の注意点
お仏壇を購入した後は何かするの?

お仏壇だけ購入した場合は入魂の必要がありません。お仏壇の中に入れるご本尊(仏像や掛け軸)やお位牌を購入した際にはお寺さんに入魂して頂きます

お寺さんに入魂してもらうもの(仏像・掛け軸・位牌)
ご本尊(仏像・掛け軸)の入魂

ご本尊(仏像や掛け軸)を新しく購入したり、お墓を建てたときには、僧侶に依頼し開眼法要を行います。 この儀式をすることで、単に形のあるものだけであった、ご本尊(仏像や掛け軸)や尊像に変わります。 このような、供養のことを、開眼式や開眼供養(入魂式、魂入れ、お性根入れともいう)といいます。 文字の通り、「仏様の目を開く」儀式です。

例外として浄土真宗では本尊などに魂を込めるという概念が無いため、 開眼法要は営まず「御移徙(ごいし)」と呼ばれる慶事の法要を営みます。

家に本尊を安置するということはおめでたいこととされ、開眼供養は慶事です。なのでお寺さんに渡す熨斗袋の水引は紅白を使用します。ルミエールでは仏像をご購入頂きましたお客様には宗派に合わせた紅白の熨斗袋をサービスしております。

お位牌の入魂

49日法要までに本位牌を購入し、入魂して頂きます。その際は49日法要までの仮のお位牌「白木位牌」と新しく作った「本位牌」を用意し、法要を行い、入魂して頂きます。

お位牌の入魂に対するお寺さんに渡す熨斗袋は「お布施」の熨斗袋に合わせて入れる形となります。ルミエールではお位牌をご購入頂きましたお客様にはお布施の熨斗袋をサービスしております。

法要の際に必要なもの
入魂についてのまとめ

49日法要、新盆、一周忌、三回忌などに合わせてお仏壇を購入し、開眼法要と各種法要を合わせて行うのがスムーズです。その際に僧侶にお位牌 or 本尊に入魂して頂きたいという旨を事前にご連絡しておきましょう。

仏具の飾り方を教えてください。

下記は仏具セット「6具足(仏具6点セットの意味)」のお飾り例です。
モダン仏壇は従来のお仏壇のように仏具を約11具足飾るのはお仏壇のスペース上、 難しいので必要最低限の仏具を6具足 or 5具足を飾るのが一般的となっています。 従来は灯立てや花立てを一対(2つずつ)で飾っていたのに対し、モダン仏壇の仏具は1つずつ飾るのが一般的です。

仏具の飾り方

  1. ご本尊・・・お仏壇の中央一番高い位置に飾ります。仏像タイプ掛け軸タイプがありますのでご予算に合わせてお選び下さい。
  2. 脇仏(わきふつ)・・・ご本尊の両脇に飾ります。脇仏も仏像タイプ掛け軸タイプがあります。
  3. お位牌・・・ご本尊より一段下の向かって右側が上座です。既にお位牌がある場合はその段の左側に飾ります。
  4. 茶湯器・・・2段目or3段目の向かって左側に飾ります。お仏壇の段(須弥壇)が2段しかない仏壇の場合はご本尊の足元に置きます。
  5. 仏飯器・・・2段目or3段目の段の向かって右側に飾ります。炊き立てのご飯を毎朝お供えします。
  6. 過去帳・・・お仏壇中央の香炉の奥に飾ります。スペース上、厳しい場合は2段目・3段目の中央でも良いでしょう。
  7. 香炉・・・お仏壇中央の一番下の段です。中に灰または洗える香炉石を入れてお線香をお供えします。
  8. リン・・・右側手前の鳴らしやすい位置が良いでしょう。音を出すことで、仏心を呼び覚ますという思想が根本にあると考えられています。
  9. 灯立(火立)・・・手前のロウソクを付けやすい位置に配置します。お線香の火は必ずローソクからつけます。
  10. 線香差し・・・お線香を差しておくための台。使いやすい位置でお使いください。
  11. 花立て・・・左の下の段に置きます。常花や生花を供える際に使用します。常花には「ブリザーブドフラワー」がオススメです。
お仏壇の中に写真を飾っていいの?

基本的には、故人様の写真はお仏壇の中に飾らないで別の場所に置いた方がよいでしょう。 お仏壇は家の中のお寺のような存在です。お寺にはご本尊とお位牌を安置しますが、写真は飾りません。写真は見るものであり、礼拝の対象ではありませんのでお仏壇の中には入れません。

ただどうしても写真のお顔を見ておまいりしたい方は、お仏壇の中には入れず、 お仏壇の前に経机などでスペースを設け、そこに写真を飾られることをお勧めします。

経机付のお仏壇に飾った写真立てイメージ
毎日のお仏壇へのお参りの仕方は?
  1. 朝起きたらお仏壇の扉を開けます。
  2. 私どもの朝食の前に「炊き立てのご飯」と「お水 or お茶」をお供えします。
  3. お仏壇の前に正座をして、軽く一礼をします。
  4. ろうそくに火をともし、線香に火をつけて、香炉に移します。
  5. お鈴を2回鳴らします。(浄土真宗はおりんは鳴らしません)
  6. 合掌してから深く一礼をします。
  7. 夕方は食事の前に、お仏壇の扉を閉めます。(ただし地方によって異なる)

宗派によってお線香の本数が違います。

  • 天台宗・真言宗:線香を3本供えます。
  • 浄土宗・日蓮宗・臨済宗・曹洞宗:線香を1本供えます。
  • 浄土真宗:線香は1本を折って横に寝かして置きます。

お参りで禁止されているのは、お線香、ロウソクの火を口で消すことです。 ロウソクの火を消す場合は、ろうそく消しを使うか手で払って消すようにします。 口で吹き消していけない理由は、人間の呼気は穢れが溜まりやすいため、仏様へ供えた物に触れるべきではないからです。

お仏壇の花は何を飾ればいいの?

花を供えることを供花(くげ)と呼びます。供花は仏様にとって、重要な供養の一つとされます。花のような心で仏様の徳をたたえ、また花の美しさから浄土の風光を仰がせていただくのです。お供えする花に特別きまりはありませんが、やはり見ていて綺麗で心の落ち着くものがよいでしょう。

トゲがあったり、悪臭を放つもの、有毒なものは、避けましょう。またしきたりとして、蔓(つる)に咲く花は用いません。

生花を飾るのは大変という方は、ブリザーブドフラワー(生花を特殊加工したもの)を推奨しております。水やりも不要で、3年~5年は美しい状態を維持します。

仏壇用のお花「ブリザーブドフラワー」
お仏壇の掃除・手入れはどのようにやればよいの?

お仏壇・お位牌のお掃除は必ず濡れ拭きは避けるようにして下さい。必ず乾いたクロスなどで拭くようにして下さい。

ご本尊のお手入れは毛バタキでホコリをはたきます。念入りなお掃除をする日を決めても良いと思います。お盆の前や年回忌前には大掃除をし、迎えたいものです。

濡れ拭き禁止イメージ
お仏壇が地震で倒れないか心配なのですが?

近年、東日本大震災・熊本地震もあり、またいつ地震が起きるかわからない状況です。ルミエールでお仏壇をご購入頂いたお客様のお仏壇には、すべり止めを貼ってから出荷させて頂いております。

東日本大震災の際は当店の近くは震度6弱といった地震でしたが、当店のお仏壇はすべり止めを貼っている為、一本も転倒しませんでした。

また下記のように設置面を多くすることでお仏壇が安定する『地震対策用仏壇』もあります。

モダンミニ仏壇 レクエ ナチュラル色 13号
モダン仏壇 「プティート」上置き型タイプ
お仏壇の引越しの際、何か儀式は必要なの?

宗派によりしきたりは違いますが基本的には、
お仏壇を移動するときは、お位牌とご本尊の魂を抜く「精抜き」を行い、新しいご住まいで再度「入魂」して頂きます。
その際は引越し前の自宅からは「一番最後にお仏壇」を出し、新居では「一番最初にお仏壇」を入れるというのが丁寧です。
ただし、お寺さんによっては「そこまでしなくていいよ。」というお寺さんもいらっしゃいます。移動の前にお寺様に、一度ご相談されるとよいでしょう。

また引越し業者に移動してもらう場合は「御本尊とお位牌」の運搬はご家族で運ぶのが良いでしょう。

お仏壇の保証期間ってあるの?

当社ではお仏壇をお買上げ頂いた方にご安心してご愛用いただくためにお仏壇の保証制度を設けております。通常に使用していたのに扉が開かなくなったなどそのような事がありましたら保証期間内でしたら無料で修理させて頂きます。

全仏壇5年間の安心保証付き

保証規定
以下の場合は無料保証の対象外となりますのでご注意ください。

  1. 取扱い説明書に反する使用によって生じた不具合・故障
  2. お買上げ後の移動・落下・衝撃によって生じた不具合
  3. 天災によって生じた不具合・故障(地震・火災・風水害・落雷等)
  4. 電気器具(電球等)の消耗品の交換
  5. 保証期間を過ぎた場合

特記事項

  1. 保証期間はお仏壇がご自宅に到着してからの期間となります。
  2. 保証・交換の際、対象商品が製造・販売中止の場合、当社が指定する同等の代替品と交換となる場合があります。
  3. 商品保証は国内のみ有効となります。
  4. 商品保証は当社から直接ご購入頂いた商品のみ有効となります。

上記の保証期間はあくまで目安であり、保証期間後でも柔軟に対応させて頂きたいと考えております。ご安心してご購入くださいませ。

お仏壇の電球が切れてしまいました。
お仏壇のライトはお仏壇によってそれぞれ変わります。
電球は長寿命のものを採用しておりますが万が一、電球切れの場合は当社にお気軽にご連絡下さいませ。
メーカーに取り寄せしまして、ご自宅にお送りさせて頂きます。
金額におきましてはメーカーから取り寄せた際の【電球代金(卸値)+送料(送料表参照)】でお手配させて頂きます。
(電球代金はメーカーにより価格が異なりますのでお値段はお問い合わせくださいませ。)
その際には購入したお仏壇の商品名をお教え頂いればスムーズです。
お仏壇の替えの電球

PAGE TOP