各宗派別の本尊・脇仏・作法説明

ご本尊の意味って??

ご本尊があることにより、故人が仏の世界でもお守りされると言われています。
日本古来からの「仏教」ではご本尊はお仏壇の中で、一番重要なものとされてきました。

宗派によって本尊や脇侍が違うのはなぜ??

仏教はもともとインドで始まり、宗派などありませんでしたが、
日本に伝わり「日本の高僧」により仏教に対する考え方などに違いが生じた為、色々な宗派が生まれて、
それぞれお祀りする本尊に違いがあります。

様々な種類のご本尊があります

ご本尊・脇仏にも上記のような様々な種類のものがあります。
これといって決まりはなく仏像でも掛け軸でも宗派に合っていれば大丈夫です。
ご予算や仏壇の中に入れた時のイメージなどでお選び下さい。

各宗派別の本尊・脇仏・宗派作法

宗派別の掛軸です。ご注文の際に参考にして下さい。 3枚が1宗派です。真中が本尊で両端が脇侍になります。
宗派名をクリックで各宗派に移動します。

浄土宗
時宗
浄土真宗本願寺派(浄土真宗西)
浄土真宗大谷派(浄土真宗東)
天台宗
真言宗
真言宗智山派・豊山派
臨済宗
曹洞宗
黄檗宗
禅宗
日蓮宗

浄土宗

本尊・脇仏

浄土宗 - 脇仏 - 円光大師(法然上人) 浄土宗 - 本尊 - 舟弥陀 浄土宗 - 脇仏 - 善導大師
円光大師(法然上人) 舟弥陀 善導大師

概要

総本山

知恩院(華頂山知恩教院大谷寺)

お唱えする言葉

南無阿弥陀仏(なむあみだぶつ)

主な経典

観無量寿経、無量寿経、阿弥陀経

線香の本数

線香は1~3本になります。

宗祖と教え

法然(円光大師)が開祖。叔父の観覚のもとで仏教を学んだ後、
唱えれば極楽往生できる」という教えに触れ、浄土宗を開宗します。
阿弥陀如来の救いを信じ、南無阿弥陀仏を唱えていると、人生を心豊かに生きぬき、死後浄土に生まれて仏さまになることができると教えています。

数珠の作法

両手の親指にかけて手前(手首の方)にたらします。
浄土宗の場合は両手を擦り合わせたり、数珠を鳴らしたりはしません。

時宗

本尊・脇仏

時宗 - 脇仏 - 真教上人 時宗 - 本尊 - 舟弥陀 時宗 - 脇仏 - 一遍上人
真教上人 舟弥陀 一遍上人

概要

総本山

清浄光寺(しょうじょうこうじ)通称:遊行寺

お唱えする言葉

南無阿弥陀仏(なむあみだぶつ)

主な経典

観無量寿経、無量寿経、阿弥陀経

線香の本数

線香は1~3本になります。

宗祖と教え

時宗は七百年もの昔、一遍上人が開かれた宗派で、浄土宗と同じく念仏宗です。一遍上人は浄土宗の一派・西山派の開祖 証空上人の孫弟子に当たられます。阿弥陀如来の救いを信じ、南無阿弥陀仏を唱えていると、人生を心豊かに生きぬき、死後浄土に生まれて仏さまになることができると教えています。
時宗の歴代上人は、阿弥陀如来の功徳について書かれた浄土三部経の功徳と、念仏の教えを広げる為に広く全国を巡られました(遊行)。 一遍上人ら時宗の僧達を「遊行上人」と、また総本山・清浄光寺を「遊行寺」と呼ぶのはここから来ています。

浄土真宗西(本願寺派)

本尊・脇仏

浄土真宗 西本願寺派 - 脇仏 - 蓮如上人 浄土真宗 西本願寺派 - 本尊 - 西弥陀 浄土真宗 西本願寺派 - 脇仏 - 親鸞上人
蓮如上人 西弥陀 親鸞上人

概要

総本山

西本願寺(京都市下京区)

お唱えする言葉

南無阿弥陀仏(なむあみだぶつ)

主な経典

仏説無量寿経、仏説阿弥陀経、仏説観無量寿経

線香の本数

線香は1本を2つに折って、香炉に寝かせます。

宗祖と教え

親鸞聖人(1173~1262)が宗祖。
親鸞聖人の墓所である大谷本廟を発祥とする本願寺(西本願寺)を本山とする宗派です。自分の意志によって極楽浄土へ往生しようとする自力念仏ではなく阿弥陀如来を信じることによって自然に発する報恩感謝の他力念仏であると教えています。

仏壇の飾り方

浄土真宗は基本的には仏壇に位牌や遺影を祀りません。
位牌ではなく過去帳を祀るのが一般的です。ですがお客様の中には『お位牌はあった方がいい』という事で位牌を作られる方もいらっしゃるので家族で話し合い、その考え方を優先する形で良いでしょう。
また基本的に水はあげません。ご飯は山盛りに御供えします。

備考(本尊について)

本尊は阿弥陀如来(西弥陀)で光背(阿弥陀如来の背後の線)が48本あります。これは阿弥陀如来の四十八願を表しているとされています。本尊は浄土真宗東(大谷派)ととても似ているのですが光背が若干異なります。
掛け軸(絵像)の場合

  • 浄土真宗西(本願寺派)→光背は上下6本ずつ
  • 浄土真宗東(大谷派)→光背は上は4本、下は8本

となります。

注意点

浄土真宗のご本尊は仏像ではなく「掛け軸(絵像)」でお飾りする場合が多いようです。お寺さんによりお飾りが異なるケースが多い宗派でもありますのでお寺さんに問い合わせてみると良いでしょう。

浄土真宗東(大谷派)

本尊・脇仏

浄土真宗東大谷派 - 脇仏 - 九字名号 浄土真宗東大谷派 - 本尊 - 東弥陀 浄土真宗東大谷派 - 脇仏 - 十字名号
九字名号 東弥陀 十字名号

概要

総本山

東本願寺(京都市下京区)(真宗本廟)

お唱えする言葉

南無阿弥陀仏(なむあみだぶつ)

主な経典

仏説無量寿経、仏説阿弥陀経、仏説観無量寿経

線香の本数

線香は1本を2つに折って、香炉に寝かせます。

宗祖と教え

親鸞聖人 (1173~1262)が宗祖。
9歳で出家後、比叡山で20年修行後、浄土宗の宗祖、法然の弟子となり、
専修念仏の考えを継承発展させます。自分の意志によって極楽浄土へ
往生しようとする自力念仏ではなく、阿弥陀如来を信じることによって自然に
発する報恩感謝の他力念仏であると教えています。

仏壇の飾り方

浄土真宗は基本的には仏壇に位牌や遺影を祀りません。
位牌ではなく過去帳を祀るのが一般的です。ですがお客様の中には『お位牌はあった方がいい』という事で位牌を作られる方もいらっしゃるので家族で話し合い、その考え方を優先する形で良いでしょう。
また基本的に水はあげません。ご飯は盛槽と呼ばれる型に入れて抜き円柱型してに御供えします。

備考(本尊について)

本尊は阿弥陀如来(東弥陀)で光背(阿弥陀如来の背後の線)が48本あります。これは阿弥陀如来の四十八願を表しているとされています。本尊は浄土真宗西(本願寺派)ととても似ているのですが光背が若干異なります。
掛け軸(絵像)の場合

  • 浄土真宗西(本願寺派)→光背は上下6本ずつ
  • 浄土真宗東(大谷派)→光背は上は4本、下は8本

となります。

注意点

浄土真宗のご本尊は仏像ではなく「掛け軸(絵像)」でお飾りする場合が多いようです。お寺さんによりお飾りが異なるケースが多い宗派でもありますのでお寺さんに問い合わせてみると良いでしょう。

天台宗

本尊・脇仏

天台宗 - 脇仏 - 伝教大師 天台宗 - 本尊 - 座釈迦 天台宗 - 脇仏 - 天台大師
伝教大師(最澄) 阿弥陀如来 or 座釈迦 天台大師

概要

総本山

比叡山延暦寺(滋賀県大津市)

お唱えする言葉

正式には南無宗祖根本伝教大師福聚金剛だが、南無阿弥陀仏(なむあみだぶつ)が一般的。

主な経典

法華経、大日経、阿弥陀経 ほか

線香の本数

線香は3本ずつ供えます。

宗祖と教え

社会の教科書にも出てくる伝教大師「最澄」(767~822年)が宗祖。
開宗は延暦(えんりゃく)25年(806年)1月26日とされています。
仏陀の教えの究極を説いたものとする 『妙法蓮華経(法華経)』を中心に、
菩薩戒・顕教・密教・禅法などを融合した総合仏教で、すべての人、生物、存在には仏性があると教えています。

備考(本尊について)

天台宗は特定の本尊を設けていません。阿弥陀如来を祀ることが多いですが、特に規定はなく、釈迦如来、観世音菩薩、薬師如来をおまつりすることもあります。

日蓮宗

本尊・脇仏

日蓮宗 - 脇仏 - 大黒天 日蓮宗 - 本尊 - 曼荼羅 日蓮宗 - 脇仏 - 鬼子母神
大黒天 曼荼羅 鬼子母神

概要

総本山

身延山久遠寺(山梨県南巨摩郡身延町)

お唱えする言葉

南無妙法蓮華経(なむみょうほうれんげきょう)

主な経典

法華経(妙法蓮華経)

線香の本数

線香は1本ずつ供えます。

宗祖と教え

日蓮聖人(1222~1282)が宗祖。
16歳で出家、比叡山をはじめ奈良や京都の諸寺で修行重ね、
「法華経」こそが釈迦最高の教典との確信を得て、1253年清澄山頂に登って
立教を宣言します。法華経は本仏の声そのものであり、「南無妙法蓮華経」の
題目を唱え、善行を積めば何人も救われると説いています。

仏壇の飾り方

正式には曼荼羅の掛け軸の前に日蓮聖人の仏像を飾ります。

禅宗一般(臨済宗妙心寺派・曹洞宗以外の禅宗)

本尊・脇仏

禅宗一般 - 脇仏 - 承陽大師(道元禅師) 禅宗一般 - 本尊 - 釈迦 禅宗一般 - 脇仏 - 達磨大師
承陽大師(道元禅師) 釈迦 達磨大師(だるま)

概要

禅宗とは・・・

禅宗とは宗派名ではなく、禅を説く教えの宗派を総称して禅宗と言います。日本の禅宗は、禅宗五家(臨済宗・曹洞宗・日本達磨宗・黄檗宗・普化宗)になります。
臨済宗妙心寺派・曹洞宗以外の禅宗はこちらの脇仏(脇侍)で問題ないと思いますが、詳しくは菩提寺に問い合わせると間違いないでしょう。

備考

達磨大師(だるま)は、中国禅宗の開祖とされているインド人仏教僧です。達磨大師の説いた教えは、鎌倉時代人に日本に伝わり、禅宗が生まれました。
また縁起物の赤く丸いダルマさんのモデルは達磨大師です。ダルマさんは丸く手足がないのは面壁九年の座禅によって手足が腐ってしまったという伝説が起こり、あの丸い形が生まれました。

臨済宗(妙心寺派)

本尊・脇仏

臨済宗 - 脇仏 - 花園法皇 臨済宗 - 本尊 - 座釈迦 臨済宗 - 脇仏 - 無相大師
花園法皇 座釈迦 無相大師

概要

総本山
妙心寺派 正法山妙心寺
お唱えする言葉
南無釈迦牟尼仏(なむしゃかむにぶつ)
主な経典
般若心経、大悲呪、観音経
線香の本数
線香は1本ずつ供えます。
宗祖と教え

唐の臨済義玄(?-867年)を宗祖とし、
日本に広めた栄西(1141~1215年)が開祖です。生まれながらに誰もが備えて
いる純粋な人間性を自ずと悟ることによって、人間の心の本性が仏と同一で
あることを悟るのが成仏という考え。座禅とともに日常生活での作務(労働)を重んじています。

曹洞宗

本尊・脇仏

曹洞宗 - 脇仏 - 常済大師(瑩山禅師) 臨済宗 - 本尊 - 座釈迦 曹洞宗 - 脇仏 - 承陽大師(道元禅師)
常済大師(瑩山禅師) 座釈迦 承陽大師(道元禅師)

概要

総本山

吉祥山永平寺(福井県吉田郡)、諸嶽山総持寺(神奈川県横浜市)

お唱えする言葉

南無釈迦牟尼仏(なむしゃかむにぶつ)

主な経典

般若心経、観音経、法華経、修証義、正法眼蔵

線香の本数

線香は1本ずつ供えます。

宗祖と教え

道元(どうげん)は、鎌倉時代初期の禅僧で日本における曹洞宗の開祖です。道元は鎌倉時代、宋に渡って曹洞禅を学んで帰国。宇治に興聖寺、後に越前に永平寺を建立し、「正伝の仏法」の提唱と弟子の養成に努めます。
道元から4代目の瑩山(けいざん)は多くの弟子を育て大衆教化に努めたため、太祖と仰がれています。 教えは徒に見性を追い求めず、坐禅している姿そのものが仏であり、修行の中に悟りがあるという修証一等(しゅしょういっとう)、只管打坐(ただひたすら座禅すること)の禅を伝えた。

真言宗

本尊・脇仏

真言宗 - 脇仏 - 不動明王 真言宗 - 本尊 - 大日如来 真言宗 - 脇仏 - 弘法大師
不動明王 大日如来 弘法大師(空海)

概要

総本山

高野山金剛峯寺(和歌山県)

お唱えする言葉

南無大師遍照金剛(なむだいしへんじょうこんごう)

主な経典

大日経、金剛頂経、般若心経

線香の本数

線香は3本ずつ供えます。

宗祖

弘法大師空海(774~835年)が宗祖。
804年留学僧として、遣唐使船で中国に渡り中国密教を授けられ、
帰国後、816年に高野山を賜り金剛峯寺を創設しました。

真言宗の教え

「真言」とは宇宙絶対の真理を表したもので、大日如来の教えであり、それを心と体で体得することで「この身がそのまま仏になれる」という即身成仏の教えです。現世の世に仏となりうることが説かれます。また人間の欲望を断つ教えではありません。朝夕のお勤めは、お仏壇を整え、花などで清らかに荘厳した後に、

  1. 手に仏の印を結ぶ【大日如来智拳印】
  2. 口で仏の言葉を唱え
  3. 一心に仏を観想します

これを「三密の行」といいます。

備考
空海の亡き後、高野山の金剛峯寺と京都の東寺(教王護国寺)を中心に、真言宗はいくつかの門流に分れました。その中の真言宗(智山派・豊山派)は【新義真言宗】と呼ばれるのに対し、高野山真言宗は【古義真言宗】と呼ばれます。

真言宗(智山派・豊山派)【新義真言宗】

本尊・脇仏

新義真言宗 - 脇仏 - 興教大師 真言宗 - 本尊 - 大日如来 真言宗 - 脇仏 - 弘法大師
興教大師 大日如来 弘法大師(空海)

概要

総本山
  • 真言宗豊山派・・・奈良県桜井市の長谷寺
  • 真言宗智山派・・・京都市東山区の智積院
新義真言宗とは・・・

空海の亡き後、高野山の金剛峯寺と京都の東寺(教王護国寺)を中心に、真言宗はいくつかの門流に分れました。そのなかの「真言宗豊山派」と「真言宗智山派」は新義真言宗と呼ばれます。

脇仏の違い

新義真言宗では脇仏の左側に【興教大師(こうぎょうだいし)】を飾る場合があります。これはあくまで場合ですので、基本的には高野山真言宗の本尊・脇仏と同じ事が多いです。菩提寺に入魂して頂く予定があれば購入前にあらかじめお聞きになることをお勧めします。

PAGE TOP