お墓選びのQ&Aイメージ

お墓選びに関する質問編 Questions

お墓選びの際に多く寄せられるご質問にお答えします。ルミエールをご利用頂いたお客様が「お墓選びで成功するようにと願い」本ページを作成致しました。しっかりと読んで知識をつけていただければ幸いです。

お墓選びに関する回答編 Answers

お墓の歴史について教えて下さい

日本でも古く縄文時代から死者を埋葬する習慣がありました。 古墳時代に入ると、その名が示す通り、巨大な古墳(前方後円墳)が数多く作られるようになりました。 これは、一部の支配者の権力を誇示するために巨大化していったと言われています。 お墓で前方後円墳ほどの大きさは大きすぎますよね。狭い日本が前方後円墳だらけになってしまいます。そこで「大化の改新」以降、古墳の規模や葬儀の儀礼を縮小したとされています。

前方後円墳

この頃の庶民のお墓はというと、共同の埋葬地に土葬をし、その上に盛り土をしたり、手頃な石を置いたり、木の杭を建てていたようです。庶民が個別の墓地を持つようになったのは江戸時代といわれています。

そもそもお墓ってどんな意味が込められているの?

昔より、人が亡くなると、生命の誕生とされる「土へ還す」として埋葬されてきました。そもそもお墓はなぜ必要なのでしょうか?

突然ですが、亡くなられた仏様の魂は「お位牌」と「お墓」のどちらに宿っていると思いますか?

日本にも飛鳥時代に伝わったとされる、中国社会の礼に関する諸説を集めた「礼記(らいき)」という書物に 書かれている内容ですが、『人は亡くなると、魂気(こんき)は天に還り、形魄(けいはく)は地に還る』とあります。 これは、人が亡くなると目に見えない精神の魂は天に還り、形(肉体)ある魂(白骨)は大地に還る。 だから二つの魂が宿るということです。

つまりお仏壇にご安置した「お位牌には精神の魂が宿り」、「お墓には肉体の魂が宿る」ということなのです。 このようにお墓にも大切な意味があるのです。

お墓の意味
同じお墓に入れる親族はどこまでですか?

まず前提として、一つのお墓に入ることができる人には、法律では決まりはありません

お墓の継承者となる長男が快諾される限り、次男夫婦、そのお子様のご夫婦が同じお墓に入ることは可能です。特に続柄は問題ではありません。ただし、お墓を管理する方とそのお墓に入るであろう方々皆様の同意があった場合です。この点には注意して、親族で話し合いをしっかりとすることが重要です。

例外として、親族以外をお墓に入れる場合ですが、前提としてはお墓の永代使用権者(長男)が認めればOKですが、墓地によっては「墓地管理規則」で親族に限るという霊園・墓地があります。ですので「親族の同意(お墓の永代使用権者の承諾)」+「墓地管理者の同意」さえあればどなたでもお墓に入れることが出来ます

お墓に入れる条件

また、次男ですが結婚している場合、通常は新しいお墓を建立するのが一般的です。結婚してなく独身の場合などは本家のお墓に入るという形が多いです。

そのほかに、近年とても増えているケースとして、「夫と一緒のお墓に入りたくない」というケースですが、多くの場合、実家のお墓に入りたいと望みますが、これも実家側の「親族の同意(お墓の永代使用権者の承諾)」と「墓地管理者の同意」がなければ入ることができません。

お墓選びって何から始めればいいの?

お墓選びはまず

  1. お墓のご予算
  2. お墓の場所
  3. お墓の形態(民間霊園etc)
  4. お墓の設備・管理

ご希望をご家族様でしっかりと話し合い、決めることから始まります。これが一番重要です。それを明確に決めれば、その後はその希望をしっかりと予算内でかなえてくれる石材店を選ぶということになります。

またルミエールでは優良石材店の紹介サービスをしております。お墓選びはしっかりと知識を付けてから石材店を選ぶことが重要です。知識がないととても高い買い物になってしまうということが多々あります。なのでそんなことにならないように事前にお客様の【予算】と【希望】をお聞きしてそれを予算内で叶えることができる石材店を紹介するルミエールオリジナルのサービスです。

お墓紹介サービス
お墓購入時の「予算」はどう決めればいいの?

他のお客様のお墓購入時の平均相場などを基準にお決められるのもよろしいかと思います。下記の表はお墓作りにかかった平均金額です。

お墓購入時の平均価格

上記の表の通り、総合計のお墓の値段は、190万円くらいが相場です。またそのうちの費用を大きく分けると【墓石価格】と【永代使用料】の2種類に分れます。

【墓石価格】

墓地の広さや場所・形状・石材の種類によって価格は違ってきますので、費用が適正であることや 信頼できるかどうかを見極めることが大事です。 お墓を建てる際に、墓地の広さでどの位の石を使用するのか、また使用する石は、国産か外国産か 石の色は何色かなど、石の量と石の種類で価格に大きな影響があります。ルミエールで紹介している石材店はおよそ45万円くらい~墓石のご用意があります

【永代使用料】

永代使用料とは、土地を使う権利を永代に渡って取得するための料金のことで霊園や寺院に支払い永代使用権を得ます。石材店でお墓をお願いする場合は代行してくれます。また「永代使用料」は土地を買うわけではなく土地を使うための権利の料金です。

霊園・墓地にはどんな形態があるの?

お墓の形態は公営霊園・民間霊園・寺院霊園の3形態があります。それぞれにメリット・デメリットがあります。

公営霊園イメージ

【公営霊園】

公営霊園とは市町村などの自治体が管理・運営している霊園です。公営霊園は応募多数により抽選などが多い為、入れないケースがあります。また条件等も設けている場合がありますので詳しくは石材店にお聞き下さい。

【公営霊園のメリット】

  1. 永代使用料や管理料が安い
  2. 宗旨・宗派の制約がない
  3. 自治体が運営しているので安心感がある
  4. 広々とした公園墓地が多い

【公営霊園のデメリット】

  1. 購入の際に条件がある(居住地や遺骨の有無などの資格制限)
  2. お墓のデザインや大きさが指定不可の場合がある
  3. 立地の面で不便な所が多い
  4. 競争倍率が高く抽選になる事が多い
  5. 抽選で待つ期間が長くなりがちですぐに納骨できない
  6. 他人の無縁仏の墓を取り除き、そこに故人様を入れることが多い
民間霊園イメージ

【民間霊園】

民間霊園とは石材店などの民間企業が管理・運営している霊園です。一番ポピュラーなタイプの霊園で、駅に近い所やおしゃれな雰囲気の霊園など霊園ごとに様々な特徴があります。申込みなども石材店が一括して行ってくれます。

【民間霊園のメリット】

  1. 墓のデザインや大きさ等が自由に選択可能な所が多い
  2. 宗旨・宗派の制約がない
  3. お値段も条件等では稀に公営霊園を下回ることがある
  4. 設備・環境も良く公園ように整備されている
  5. バリアフリーの霊園など独自のサービス展開が多い
  6. 市街地にある場合が多く交通が便利な場所が多い
  7. 新規の霊園がほとんどなので公営霊園のように他人が入っていたお墓に入れることがほぼない

【民間霊園のデメリット】

  1. 公営霊園に比べ、価格の割高感がある
  2. 石材店が指定で決められている所がある
寺院霊園イメージ

【寺院霊園】

寺院霊園とはお寺さんが運営している霊園です。お墓を寺院に持つ=檀家ということになりますが、最近では墓檀家という新しい形も生まれてきており、檀家ではないけどお墓は寺院に作るといったケースもあります。

【寺院霊園のメリット】

  1. 境内地に本堂、仏様がある安心感がある
  2. 墓地の継承者がいなくなった場合でも、永代供養を受けられる
  3. ご僧侶が身近にいらっしゃるため、葬儀や法要、供養面において恩恵

【寺院霊園のデメリット】

  1. ほとんどの所で、宗派が限定されます
  2. 檀家になることを条件とする所が多い
  3. 石材店が決められていることが多い
  4. 檀家になると寺院とのお付き合い、寺院への協力が必要となる
お墓の管理費・維持費って?

墓を建てたらそれで終わりではありません。継続的に管理費がかかります。 管理費とは、墓地の共有スペース等の備品・清掃・水道・施設などの管理運営費です。ほとんどの霊園・寺院で年間払いで請求されます。下記はおおよその管理費の目安です。

霊園・墓地の管理費
  • 公営霊園の管理費目安:平均で4千円~1万円(年)
  • 民間霊園の管理費目安:平均で5千円~1万4千円(年)
  • 寺院霊園の管理費目安:平均1万円(年)(但し、檀家は「盂蘭盆会」や「施餓鬼会」等のお布施がある)
墓石の価格・種類について

墓石は一生で何度も購入するものではないので、価格がわかりずらいものでもあります。下記の図は全国の墓石のみの平均価格になります。この価格は墓石への彫刻代金も含みます。

墓石の平均価格

墓石の価格は墓地の広さや場所・形状・石材の種類によって価格は違ってきます。ルミエールで紹介している石材店はおよそ45万円くらい~墓石のご用意があります

また墓石の種類もたくさんの種類があります。従来型のお墓やデザイン性のあるモダンなお墓、仏様の職業にちなんでデザインされたお墓など種類も豊富です。またデザインされたお墓はどの霊園にも設置できるものではなく、制限されている場合があります。公営霊園寺院霊園などはデザインの制限がされている場合が多いです。

墓石のデザイン

上記のようなデザインされたお墓を希望される場合はあらかじめ霊園にデザイン墓の制限がないかを確認することが必要です。

宗派は○○宗だけど宗派によってお墓は限定されるの?

公営霊園民間霊園の場合は宗派はほとんど制限されていないので気にする必要はないでしょう。但し、寺院霊園の場合は、墓地購入前の宗派は問わないが、購入後そのお寺の檀家になることが条件となっているお寺さんが多いです。寺院霊園を希望される方はお寺さんに聞いてみるのが良いでしょう。

また既にお墓があって他宗派の人をお墓に入れる際ですが、これについては「親類の了承」さえあればなんら問題はございません。特に改宗させる必要などもありません。

永代供養墓(えいたいくようぼ)って何?

お墓参りできない人に代わり、又はお墓参りしてくれる人がいなくても、お寺が責任持って永代にわたり供養と管理をしてくれるお墓です。お盆やお彼岸には法要が営まれ供養されます。永代供養墓は通常、寺院霊園にあることが多いですが一般霊園にあることもあります。他の人と一緒の墓あるいは同じ納骨室に安置されることから、合祀(ごうし)墓、合同墓、合葬(ごうそう)墓、共同墓、集合墓、合葬式納骨堂などとも呼ばれています。

永代供養墓

また、「永代」とはいえ永久に供養してもらえるわけではなく、供養期間は契約内容にもよります。 実際には、十七回忌まで~五十回忌までといったような一定期間までの契約内容が一般的です。

将来子供に心配や負担を掛けたくない方、遠方からご遺骨を移したい方、無縁墓にならない安心できるお墓をお求めの方など、様々な事情に対応するために永代供養墓があります。

【永代供養墓のメリット】

  1. 寺や霊園が責任を持って供養・管理をしてくれる
  2. 墓石を買わないので一般の墓よりも断然、費用が安い
  3. 宗派・宗旨を問われない(お寺によっては檀家になる条件もある)
  4. 交通の便が良い所にあることが多い

【永代供養墓のデメリット】

  1. 合同墓では遺骨を二度と取り出すことができない
  2. 赤の他人と一緒のお墓に入れるということなので少し気が引ける
跡継ぎがいない場合はお墓はどうすればいいの?

永代供養墓」があります。お墓参りできない人に代わって、あるいはお墓参りしてくれる人がいなくても、永代にわたり墓地・霊園で供養・管理してくれるお墓です。 供養の期間は(十七回忌まで~五十回忌まで)契約の期限後は供養塔などの共同型墓地などでご供養するというのが一般的です。

また価格の安い公営霊園は跡継ぎの居る方を条件にしている場合がほとんどです。

お墓の向き(方角)には決まりがあるの?

あまり気にする事はないのですが、日本には昔から北向きを避ける風習がございます。気になる方は北向きを避け、日当たりが良くなる位置に建てられると良いでしょう。日本では古来より北を天皇の玉座(上座)とする風習があり、北向きに建てると、礼拝する人が上座に立つことになることから避けていたといわれてます。

お墓向きイメージ

ですが実際は、お寺の墓地や霊園においては既に整地され、区画や向きも決まっていることが多いため、北向きで建てられているお墓も多々あります。周りのお墓の状況や墓地管理者との相談も含めて、お墓の向きを検討されると良いでしょう。

それでも、どうしても方角が気になってしまうということであれば、球体の形をしたお墓をオススメします。球体は「四方正面で方位の吉凶を超える」とされています。そのほかに、灯籠をお付けするのも良いでしょう。灯籠は魔除け、方位の災いを取り除くものとされています。

お墓の分骨はできるの?

可能です。分骨の理由は様々ですが、下記のような理由が多いようです。

  1. 身内の遺骨を兄弟姉妹、家族などそれぞれのお墓に納骨したい
  2. 埋葬した霊園が遠いため遺骨の一部をお参りしやすい近くの霊園に納骨したい
  3. 遺骨の一部を宗派の本山におさめたいといった希望がある

などの様々な理由が考えられます。

分骨すると仏様の魂がバラバラになってしまうのではないかと心配される方も多いですが、実は仏教の産みの親ともいえるお釈迦様の骨も世界各地に分骨してあります。なので宗教上はなんの問題もございません。

分骨は大きく二つのケースが考えられます。

  1. すでにお墓に埋葬してある遺骨を分けて別の場所に納骨するケース
  2. 火葬場で最初から2つに分けて納骨するケース
【a.の場合の手順】(少し大変)
  1. 霊園の管理者に「分骨証明書」を発行してもらう
  2. 菩提寺へ予め相談して魂を抜くための「閉眼供養(へいげんくよう)」をしてもらう
  3. 石材店に墓石を動かしてもらい遺骨を取り出す
  4. 分骨先の管理者に「分骨証明書」を提出する
  5. 新しい墓地に納骨する
  6. 菩提寺に魂を入れるための「開眼供養(かいげんくよう)」をしてもらう
【b.の場合の手順】(比較的容易)
  1. 葬儀社に火葬場で分骨を行うことをあらかじめ伝える
  2. 火葬場の管理者に分骨の旨を話し「火葬証明書」を2枚発行してもらう。
  3. 分骨用の遺骨は骨上げの時に移す
  4. その後、二つの霊園等に納骨する
  5. 菩提寺に魂を入れるための「開眼供養(かいげんくよう)」をしてもらう
お墓の移動はできるの?
田舎にあるお墓

例えば、田舎にお墓があり、なかなかお墓参りが出来ないなどの問題からお墓の移動を検討されている方も多いと思います。お墓の移動についての【お墓の移動の手続き(流れ)】【お墓の移動の費用】についてご説明いたします。

【お墓の移動の手続き(流れ)】

お墓を移転することを改葬と言います。遠隔地にあるお墓を、移転・改葬したい場合は、いくつかの手続きと書類が必要になります。

まず市区町村から「改葬許可書」を発行してもらいます。これには住職や管理人の許可が必要です。現在のお墓の管理者から「埋蔵証明書」、新しいお墓の管理者から「墓地使用許可書」を発行してもらい、「改葬許可書」と一緒に、既存のお墓のある市区町村に提出します。そうすると「改葬許可証明書」が発行されますのでこれで手続が完了となります。

【お墓の移動の費用】

気になる費用ですが目安として、都市部への改葬費用に関し「現在のお墓の撤去、移転先の墓地の使用料、墓地の工事などを合わせて平均金額が200万~300万円程度(2008年6月22日付け毎日新聞)」との記載がありました。

【移転元でかかる費用】

  • 埋蔵(埋葬)証明発行手数料(遺骨一体につき1通必要):400円~1500円/1通
  • 墓石処分・区画整理費用(お墓をさら地に戻す費用):10万~20万/1㎡あたり
  • 遺骨の取出し費用:遺骨一体につき4万円前後
  • 墓石運搬費(現在の墓石を改葬先でも使う場合):100km移動で15~20万円程度(※1)
  • 魂抜き料(お布施):5千~1万円(目安)
  • 離檀料(お布施):5~100万円(もともと檀家で檀家をやめる場合)

(※1)移動距離と墓石の大きさで異なります。また長距離の移動は石材店に頼むより、対応可能な運送会社に依頼する方が安くなるケースが多いようです。

【移転先でかかる費用】

  • 埋骨費用:遺骨一体につき3万円前後
  • 開眼供養料(お布施):3万~5万円
  • 新しいお墓の費用:平均200万円(墓石を新しく購入する場合)
お墓にも相続税がかかるの?

墓地・墓石・仏壇などは「祭祀財産」といい、お墓や墓地の所有権の相続には相続税はかかりません。ですので、相続税対策をお考えの場合は生前に墓地・墓石・仏壇を購入しておくのが良いといえます。

純金製ミニ骨壺

また相続税対策として純金製の仏像や仏具を購入したりする方がたくさん見えられます。これは相続税を「祭祀財産」として逃れたあと、のちのち「金」として売却する方がいらっしゃいます。

この方法が倫理上良いかどうかは別として、仏像や仏具が節税対策と言われるゆえんです。

お墓建てたあとは何かするの?
開眼法要

お墓は建てたあとは僧侶に依頼して「開眼供養(建碑式)」という石に魂を込める儀式を行います。 仏様の魂が墓石に入り、ただの石から仏塔になり、お参りの対象となります。開眼供養を行う前はお墓に邪気が入らないよう棹石(軸石)を白い布で巻き、開眼法要(建碑式)時に布を取り除きます。僧侶にお経をあげてもらい参加者全員が焼香し、読経が終わったら礼拝して終わります。

お骨がある場合は、同時に「納骨法要」を行うことが一般的です。開眼供養(建碑式)の済んでいるお墓に納骨する時は、納骨法要のみを行います。最近では「四十九日法要」や「一周忌法要」などと一緒に行うことも増えています。

卒塔婆(そとば)とはなんですか?
卒塔婆のイメージ画像

卒塔婆は略して「塔婆(とうば)」ともいい、仏塔のことを意味しますが、一般的には「追善供養のためにお墓の後ろに立てる塔の形をした縦長の木片のこと」を言います。卒塔婆は故人の供養のために建てられます。お墓は「○○家」と刻まれており、先祖代々の供養のために建てられるものですが、卒塔婆には死者の戒名が書かれ、個人個人の供養のために建てられます。また浄土真宗のように卒塔婆を建てない習慣の宗派もあります。

卒塔婆を建てる時期としてはご遺骨を埋葬する時、お盆・お彼岸・年忌法要・納骨法要の際に立てることが多いです。故人一人に卒塔婆を一本で十分ですが、複数立てても構いません。

卒塔婆は誰が建てるの?

卒塔婆は基本的には施主が立てますが、施主の許可を得れば誰が立てても構いません。 卒塔婆の立てる本数には決まりはありませんので、参列者も希望すれば卒塔婆供養を行うことができます。 家族お一人お一人がそれぞれ1本ずつ立てる形でも「○○家一同」「親戚一同」のようにまとめて立てても問題はありません。またその時には必ずお寺さんに、供養料を納めてください。

悪徳石材店にだまされない方法があれば教えて下さい。

お墓は一生に一度の買い物ですので、一般消費者は墓石の値段が分かりにくいのが現状です。お墓を購入する際はすぐ購入せずインターネットなどで調べてから購入することが重要です。「優良石材店を選ぶことがお墓選びの成功に直結する」ということを念頭にいれて石材店をお選び下さい。

【石材店選びのチェックポイント】

  1. 店舗や事務所を持っているかを調べる
  2. 創業して間もない業者は要注意
  3. 全国優良石材店「全優石」に加盟している
  4. 会話していてお墓や宗教・仏事の知識が不足していないか

a.店舗を持たずにマンションの一室で営業しているような石材店もいて、お金を払った数日後には行方をくらませてしまうといった詐欺の被害も過去に起こっています。

全国優良石材店

c.「全優石」はお客様と石材業界を守ることを目的とした機関です。このマークは「全優石」のマークとなります。このマークを掲げている石材店は安心です。

【お客様にして頂きたいこと】

  1. なるべく自宅訪問より自分たちが店舗などに赴く
  2. お見積りを出してもらい一度持ち帰って検討する
  3. お見積りしてもらった墓石をインターネットで調べてみる
  4. お墓を立てる現地には必ず訪れてから建立する

また東京県・千葉県・埼玉県・神奈川県のお客様は当社が石材店を紹介することが可能です。もちろん紹介する石材店さんは優良石材店のみです。ルミエールではお客様のお墓選びの成功をしっかりと叶えてくれる石材店しか紹介してません。

お墓紹介サービス
現在、お寺の檀家ですが他の霊園にお墓を移すことは可能?

可能です。ですが移動する理由をお寺さんとよく話し合う事が必要です。お寺さんからすればお墓を移す=檀家を失う事になりますので。ですが、しっかりと理由を話せばお寺さんも分かってくれるはずです。

またこのお寺さんとの話し合いには石材店が介入するのはあまり良くありません。お寺さんからしたら「石材店が墓石を売りたいが為に檀家さんを引き離そう」と映りますので石材店から指示をもらうのはいいですが直接介入させるのは避けましょう。

お布施を渡す檀家

檀家を辞める際には離檀料を支払うのが一般的です。離檀料は今までお世話になったお寺への感謝の気持ちで、支払う金額に決まりはありません。【法事の時のお布施】+【いままでの感謝の気持ち】程度が良いとされており、数万円~20万円の金額になりますが、100万円以上の高額な離檀料を請求してくる住職もいます。

高額な離檀料を請求された場合は絶対にもめてはいけません。お墓の移動には「改葬許可書」が必要なのですがこれには住職のサインが必要ですので、もし不当な請求をされた場合は弁護士などに相談するのがよいでしょう。

また、お墓の移動には改葬手続きが必要となります。 まず市区町村から「改葬許可書」を発行してもらいます。これには住職や管理人の許可が必要です。 現在のお墓の管理者から「埋蔵証明書」新しいお墓の管理者から「墓地使用許可書」を発行してもらい 「改葬許可書」と一緒に、既存のお墓のある市区町村に提出します。「改葬許可証明書」が発行されますので これで手続が完了となります。

通販で墓石を購入しても大丈夫?

通販での墓石購入はやめた方が良いでしょう。石材店の仕事は墓石を売るだけではありません。お墓の最良の場所のご提案・今後の流れの説明・書類等作成代行・耐震を考えた建立など私達一般ユーザーにはできないこともたくさんあり、これらを一括して石材店が代行してくれます。

また石材店運営で石材の価格もとても重要ですが、それと同じ位重要なのがどこにお墓を建立できるかだと思います。お墓の場所は大手の石材店が一番良い場所を確保していることが多いです。首都圏の霊園の例を出すと、大手石材店が億単位の霊園を一括して購入し、その石材店が独占販売するという流れなので、どう考えても大手の資金力のある石材店が良い場所・広いニーズで霊園を提案できます。

インターネットなどの墓石販売で格安の石材店ありますが、自社の霊園を持っていない場合がほとんどですので良い場所の建立は限られてくるでしょう

大手石材店とインターネット石材店の比較
お墓参りはいつ行けばいいのですが?

一般的にはいつお墓参りしても良いのですが、お盆や春と秋のお彼岸、命日・月命日などにはお墓参りに行くと良いでしょう。ですが行事に関係なく、お参りをしたいと思ったときに行かれれば故人もきっと喜ばれます。

【お墓参りに行った方が良い時期(仏教)】

  • お 盆:7月13日~7月16日 or 8月13日~8月16日(地方により異なる)
  • 春のお彼岸:3月20 or 21日(春分の日)を中日とし前後3日を合わせた7日間。
  • 秋のお彼岸:9月23日(秋分の日)を中日とし前後3日を合わせた7日間。
  • 命 日:故人が亡くなった日。一周忌以降は祥月命日(しょうつきめいにち)と呼びます。

【お墓参りに行った方が良い時期(神道)】

  • 式年祭:一年祭、二年祭、五年祭、十年祭20年祭、30年祭、40年祭、50年祭などの節目。
  • 命 日:故人が亡くなった日。また違う月の同日を月命日(つきめいにち)と呼びます。

【お墓参りに行った方が良い時期(キリスト教)】

  • 命 日:故人が亡くなった日。また違う月の同日を月命日(つきめいにち)と呼びます。
  • 万霊節(カトリックのみ):万聖節の翌日である11月2日は万霊節(All Soul's Day)とされ、この日は死者の日としてお墓参りを行います。
  • 昇天記念日(プロテスタントのみ):故人の死後一ヶ月後の昇天記念日と、1年目、3年目、7年目の昇天記念日にお墓参りをします。

PAGE TOP