遺骨ペンダント・ミニ骨壺イメージ

手元供養に関する質問編 Questions

遺骨ペンダントミニ骨壺に多く寄せられるご質問にお答えします。

手元供養に関する回答編 Answers

遺骨を身につけても法律には触れないの?

遺体の火葬は法律で規定されていますが、その後の焼骨の扱いについての規定はなく
焼骨を何らかの容器に納めて身につけても法律に触れることはありません。

私たちが自分で遺骨にさわってもいいの?

もちろん大丈夫です。 大切な故人の遺骨ですので、故人を想いお気持ちをこめて大事に取り扱ってあげてください。

また遺骨を触ることに抵抗がある方もご安心ください。 ルミエールではミニ骨壺・遺骨ペンダントをご購入者様には骨壺から「遺骨をすくう杓子」を無料でサービスしております。木製ですので使用後は焼却してお焚き上げして頂けます。

遺骨をすくう杓子
親族でなくても遺骨をもっていていいの?

ご遺族の了解があれば、親族以外の方でも遺骨をお持ちになることになんら問題はありません。 ご縁のある方が身近に遺骨をお持ちになることも心のこもったご供養のおひとつです。

残りの遺骨はどうするの?

ほとんどの方がお墓に埋葬しています。外出時などに万一なくされた場合でも、遺骨はお墓に納められているので安心です。

遺骨はすべてお墓に納めないと成仏できないのでは?

成仏できます。
魂は遺骨に宿るものではなく、仏教でも四十九日を過ぎれば浄土し仏様になるといわれています。
例といたしまして、格式高い各地のお寺にはお釈迦様の遺骨を分骨した舎利塔が設けられています。 このことから仏教において分骨はなんら問題ありません。 故人をそばに感じていたい、そんなお心で遺骨を身近に置かれる気持ちが大切です。

すでにお墓に納めた遺骨を"遺骨ペンダント"や"ミニ骨壺"に納めたいのだけど?

お墓から遺骨を取り出すことは可能です。納骨を依頼した石材店にご相談してみると良いでしょう。

分骨のような手続きはいらないの?

身につけたり、ご自宅に置く場合の手続きは必要ありません。 ただし分骨した遺骨を別のお墓に納める際には「分骨証明書」が必要になります。 将来、納骨する可能性があれば、あらかじめ火葬場や墓地の管理者より発行してもらうと良いでしょう。

遺骨や遺灰はどうやって"遺骨ペンダントに納めるのですか?"

このような手順になります。
また下記に出てくる付属品はすべて当社では無料サービスしております。

遺骨の入れ方

各商品ページや【取扱い説明書】にも遺骨の入れ方は記載しております。難しいことはなく誰でも簡単にできます。

"遺骨ペンダント"や"ミニ骨壺"には遺骨や遺灰しか納めてはいけないの?

遺骨や遺灰以外にも、故人が遺された小さな遺品や形見を入れられる方もいらっしゃいます。 髪の毛や爪などを入れられる方が多いようです。

金属アレルギーがあるのですが…

アレルギーをおこしにくい、ステンレスやチタン素材のペンダントもご用意しています。

人体への影響が極めて少ないため、医療用のメスやハサミなどにも用いられている素材です。 金属アレルギーは使用者の体質などにもよりますが心配な場合は【サージカルステンレス・チタン】 のものをおすすめ致します。

またシルバー製品には金属アレルギーを起こしにくいシルバー925を使用し作られています。

ミニ骨壺はお仏壇に飾る場合はどこに飾ればいいの?

特にミニ骨壺には飾る位置の決まりはございませんが参考までに下記をご参照ください。

本尊がない場合とある場合のミニ骨壺の飾る位置

ご本尊とお位牌を設けない場合はミニ骨壺を中央に飾り、お飾りすることが多いです。

ご本尊とお位牌を設ける場合は故人様のお位牌のすぐそばにミニ骨壺を飾り、お飾りするのが自然でしょう。

"遺骨ペンダント"のゴールドは何金ですか?

大切な方への思いを納めるにふさわしい価値あるペンダントとして、ゴールド素材はすべて18金です。 他にもホワイトゴールドやプラチナなどの高級素材でのご用意もございます。

自分が亡くなった時が心配です。

ご自分がもしもの時には、大切な方の遺骨も一緒に棺に入れて欲しいという方もいらっしゃいます。
近年では、散骨も増えてきましたので選択肢のひとつまでに留めておいてもよいでしょう。

可燃性の"木製のミニ骨壺"もご用意しています。 また、遺骨を取り分ける際に分骨証明書を取得しておけば後々、お墓に納骨することも可能です。 いずれもご遺族に本人の意思を伝えておくこと又は残しておくことが大切です。

どんな方が購入してますか?
  • お墓やお仏壇でのご供養の他に、つねに故人のそばにいたいとお望みの方。
  • ご家族やご親族の方にお渡ししたり、嫁ぎ先で実父母のご供養を望まれる方。
  • その他お墓が遠くなかなか行けない方や、住宅事情でお仏壇を置けない方。

など理由はさまざまです。大切なのは故人を想う気持ちが一番大切です。

遺骨ペンダントはお風呂やプールに入る際でも使用できますか?

水などに浸かると、インナーポケットの中に納めたものに影響が出ることがあります。 水泳やご入浴などの際にはお取り外しください。
またチタン製の防水タイプの遺骨ペンダントもご用意があります。

遺骨ペンダントのネジが緩んでしまうことはありませんか?

遺骨ペンダントの多くはネジタイプの蓋です。 ネジタイプの蓋は使用している間、徐々にネジが緩んでくる場合があります。 定期的に確認して頂くか、当社では付属の専用接着剤での固定をお勧めしております。

なお、ご遺骨などを紛失されたことに対する責任は負いかねますので、ご了承ください。

分骨のタイミングはいつがいいの?

仏式では一般的に初七日~四十九日に納骨することが多いのですが、納骨の際までに分骨するのが一番自然な流れです。

また納骨してからでも石材店に依頼し、墓石を動かして遺骨を取り出す事ができます

どの部分の遺骨を入れるのがいいですか?

特に決まりはありません。 ご遺骨のどちらの部分も、最愛の方の生きた証ですので、お気になされなくてもよいと思います。
なおミニ骨壺の場合、その形状が座禅をしている仏様の姿に見えるといわれます「喉仏(のどぼとけ)」を

分骨骨壷に入れられ、手元供養される方が多いです。 遺骨ペンダントの場合は、遺骨を入れる入口は3mm程度ですので粉末状のものや、米粒くらいの小さい骨を入れる程度となります。

PAGE TOP