スタッフの日常

社員旅行 in 千葉房総【2019年】

更新日:

ルミエールで毎年恒例の社員旅行に行ってまいりました!

はじめに・・・普段のルミエールを伝えたいため、少し普段の言葉に近い感じでブログ記載しますので、何卒ご理解お願い致します。

今年は「行きたい場所の候補」が各スタッフから色々出ました。というか候補が出すぎた結果、「千葉県房総の旅」となりました。。w
千葉市の店舗の私達としては非常に近場でしたが、近いからこそ時間が有意義に旅行に使えてよかったなと思っております!

旅行中のバス内
移動手段は今年もバス貸し切りです!運転手の吉田さんはバスを運転できる免許を持っているので非常に助かっています!
バスの移動中は景品付きで様々なゲームをしながら行くのがルミエール流!ビンゴとじゃんけん大会で景品を争奪しながら行きます!

パーキングエリアで「Amazon商品券」を巡っての争奪戦!紐をひいて繋がっていた人4人が獲得です!おめでとうございます!

房総の青空
食事までまだ時間があったので休憩がてら房総の青空の下のワンショット!天気も快晴で気持ちいい季節です。
季節よ、このままストップしてくれ!梅雨にはいかないでくれ!

学校のレストラン

学校のレストラン

ここが昼飯会場のレストランです!
えっ!!っとなりました。。ここは廃校になった小学校を改装したレストランだったのです!

そしてこの廊下を見た瞬間、私の脳裏をよぎったのは・・・廊下をダッシュしたい!
そして、「廊下は走らない!」と先生に怒られたい!

同じ思想を持ち、実行した人間がもう一人いました。僕の妹でした。やはり同じ屋根の下で育つと思想も似るものです。

学校で食べるランチ

ランチのテーブルは恐らく図工室にあった机です!彫刻刀の跡などが残っていて、すごく良い感じでした!
そしてランチの内容はコース料理でだったのですが「伊勢海老が丸々入ったカレー」などが出てきて非常に満足度が高かったです!
みなさん伊勢海老というと三重県の伊勢の方で採れることをイメージされるようですが、実は千葉県の大原漁港が水揚げ日本一です。隠れた千葉の名産です!

陶器作り体験

さてお昼を食べて、その次は、千葉の館山らへんにある陶器作りの体験です!
皆、自由に作品を作り続けまして、園芸が趣味の人は鉢を作ったり、犬を飼っている方はペットのエサ皿を作ったり、ひたすら真円形の花瓶にこだわり丸さを追求する方がいたりと皆、真剣に作っていました。
後日、釜で焼いたら送ってくれるようです!楽しみです!

陶器完成品
大人になるともちろん図工の時間などないですから、なんだかもの作りに集中するのも懐かしくいい体験になりました!関西人のご主人も当社スタッフにやたら絡んでいて、またツッコミも鋭く良かったです。

陶器作り体験の集合写真
最後に皆でパシャ!いい顔しています!

そして現在、実はルミエールの新店舗を建設中なのです!規模も約2倍以上の大きさになり、2020年1月に本社移転となる予定です!!
そこで新店舗のディスプレイで使えそうな流木・そして石をみんなで集めました!
そういったものは買うのと自分たちで採るのとでは愛着が違いますよね!ということで皆、浜辺で海に向かって石を投げたりしながら木と石を拾いました!

海岸で採れる石

こんな石と木がゴロゴロ。さて何に使われるかは新店舗に来て探してみて下さいw
海岸で流木拾い
この金谷海岸という海なのですが、流木や石を拾う方、オススメです!かなりいい感じのものがたくさんありました。

そしてなんか絵になる逆光ショット!
海岸で流木拾い風景

裕貴と小関
一人は若手エース、もう一人は若手!?である2ショット!

ルミエールの社員旅行はこんな感じです。幹事さん色々と仕込みお疲れ様でした!来年もまた行きましょう。

バーイ、センキュ!(とんねるず)

The following two tabs change content below.
アバター

笹森 裕貴

このブログを通じて、ルミエールがどんなお店なのかを知ってもらえれば幸いです。特技は小学生までの子供・ご年配の方と1分あれば仲良くなれることです。きっと目線が同じなのかもしれません。

カタログを無料でお届けいたします。

インテリア仏壇 ルミエールのオリジナルカタログを無料でお届け致します。「モダン仏壇カタログ 全115ページ」と「位牌・仏具カタログ 全111ページ」の2冊をご用意しております。

モダン仏壇カタログ、位牌・仏具カタログ請求ページへ

-スタッフの日常
-,

Copyright© インテリア仏壇 ルミエールBlog , 2019 All Rights Reserved.