融通念仏宗のご本尊・脇侍

融通念仏宗のご本尊・脇侍の選び方と宗派作法について

まず初めに融通念仏宗がどのような宗派かを簡単に説明させていただきます。融通念仏宗は平安末期に関西で誕生した宗派です。そのため関西では知っている人も多いですが、関東以北ではあまり知られていません。聖徳太子信仰の厚かった良忍上人が四天王寺に立ち寄った際、鳥羽上皇の勅願により大阪市平野区に根本道場として創建したのが融通念仏宗の始まりです。

融通念仏宗のご本尊・脇侍

融通念仏宗の本尊(ほんぞん)・脇侍(わきじ)には下記のご本尊と脇侍をお仏壇の最上段に飾ります。「仏像タイプの本尊・脇侍」と「掛軸タイプの本尊・脇侍」があります。

融通念仏宗 脇侍 法明上人
法明上人
(ほうみょうしょうにん)

良忍上人(平安時代後期)の死後は融通念仏宗が衰退し、大念仏寺や阿弥陀寺などの堂塔も壊廃していきました。法明上人(鎌倉時代後期)は衰退していく融通念仏宗を復興した中興の祖です。

融通念仏宗 本尊 十一尊天得如来
十一尊天得如来
(じゅういっそんてんとくにょらい)

阿弥陀及び観音・勢至を含む十一体の奏楽菩薩から構成される融通念仏宗特有の来迎図で融通念仏宗の本尊となります。掛軸タイプの本尊の場合は「十一尊天得如来」を飾り、仏像の場合は浄土宗と同じ「阿弥陀如来(舟立弥陀)」を飾ります。

融通念仏宗 脇侍 良忍上人
良忍上人
(りょうにんしょうにん)

平安時代後期の天台宗の僧侶で、融通念仏宗の開祖です。良忍上人は日に6万編の念仏を唱え、写経に勤しみ、多くの仏像を作るなど、仏教に対して真摯に向き合っていたことが文献として残っています。良忍上人はやがて宮中に招かれるようになり、鳥羽上皇も帰信者とし、融通念仏の考えがさらに知られるようになりました。

ご本尊・脇侍の「お仏壇への飾り方」

実際にご本尊・脇侍をお仏壇に飾る際にどのような飾り方があるのかをご紹介いたします。

ご本尊のみで飾る場合

融通念仏宗の本尊、十一尊天得如来を掛け軸のみで飾ったイメージ
掛け軸のみで飾る

ご本尊を掛け軸のみで飾る方法です。仏像に比べて少し略式となりますが、おしゃれな掛け軸などもありますのでシンプルなデザインにすることもできます。

融通念仏宗の仏像タイプの本尊、舟立弥陀を飾ったイメージ
仏像のみで飾る

ご本尊を仏像で飾った例です。仏像で飾ることで存在感があり、お仏壇の存在感が出てきます。

融通念仏宗の仏像タイプの本尊、舟立弥陀を仏像で飾り両脇にミニ常花で飾ったイメージ
仏像+ミニ常花で飾る

ご本尊を仏像で飾り、その脇に仏教で重要とされる蓮の花の「ミニ常花」を飾ることで、ご本尊を引き立てるおすすめの飾り方です。

ご本尊+脇侍をしっかり飾る場合

融通念仏宗の本尊・脇侍を掛軸で三尊飾ったイメージ
掛け軸(3尊)で飾る

掛け軸(3尊)で飾る方法です。3尊飾ることで融通念仏宗の教えに、より沿うお飾りとなります。おしゃれな掛け軸などもありますのでシンプルなデザインにすることもできます。

融通念仏宗の本尊を仏像、両脇侍を掛け軸で飾ったイメージ
仏像+掛け軸(両脇)で飾る

ご本尊を仏像で飾り、両脇を掛け軸で飾る方法です。仏像で飾ることで存在感があり、また融通念仏宗の教えに、より沿うお飾りでとても丁寧な飾り方です。

融通念仏宗の本尊・脇侍を掛軸で飾りその前に仏像で飾ったイメージ
仏像+掛け軸(3尊)で飾る

融通念仏宗の場合は掛軸を3尊飾り、その前に舟立弥陀の仏像を飾ることもあるようです。仏像が大きいと掛軸が隠れてしまいますので小さめの仏像か、少し段差がある方が良いでしょう。

融通念仏宗とお参りの作法について

総本山
大念仏寺(大阪市平野区)
お唱えする言葉
南無阿弥陀仏(なむあみだぶつ)
主な経典
華厳経、法華経
線香の本数
線香は1~3本になります。
宗祖と教え
毎日百遍の念仏を唱えること(日課念仏)が修行の根幹であり、来世ではなく現世で往来するという教えが基本です。物と物は全て相互に融通しあっているとされ、1人の念仏が全ての人の為になると同時に、全ての人の念仏は自分のためにもなっていると考えです。さらに詳しく知りたい方は「融通念佛宗(外部サイトへ)」をご覧ください。
お仏壇へのご本尊の飾り方
基本的には十一尊天得如来の掛け軸が推奨となります。十一尊天得如来が対応可能な掛け軸の種類は非常に少ないですが当店のラインナップではいくつかの「掛け軸」が対応できます。
またお飾りでさらに丁寧な飾り方は本尊(十一尊天得如来)+両脇侍の掛け軸を飾ります。さらに丁寧な飾り方の場合は十一尊天得如来の掛け軸の前に「阿弥陀如来」の仏像を飾ることもあるようです。

融通念仏宗のご本尊・脇侍の「商品紹介」

融通念仏宗の「仏像タイプのご本尊・脇侍」

仏像は木材の種類で大きく値段が異なります。木材の種類別に詳しくご紹介いたします。

桧木(ヒノキ)製

桧木は、美しい光沢があり、特有の芳香がある木材です。日本最古の木造建築、法隆寺にも使われていることから見ても耐久性・耐朽性の高さがある木材です。仏像の材料としてはリーズナブルな価格でお求めいただけます。

桧木仏像 丸台座 舟立弥陀 【浄土宗・時宗】の通販メイン画像
金泥書

【高さ16.0~36.1㎝】
桧木(ヒノキ)の比較的リーズナブルな価格帯の仏像です。台座は低めの丸台座ですがミニ仏壇~大型仏壇まで対応できます。

桧木仏像 八角台座 舟立弥陀 【浄土宗・時宗】の通販メイン画像
金泥書白毫・肉髻

【高さ19.4~31.3㎝】
桧木(ヒノキ)の比較的リーズナブルな価格帯の仏像です。台座は低めの八角台座ですがミニ仏壇~大型仏壇まで対応できます。

桧木仏像 六角台座 舟立弥陀 【浄土宗・時宗】の通販メイン画像
金泥書白毫・肉髻

【高さ27.0~36.3㎝】
桧木(ヒノキ)の比較的リーズナブルな価格帯の仏像です。台座は高めの六角台座なので大型仏壇向き。

本柘植(ツゲ)製

本柘植は漢字で「木の石」という文字からなっている通りに非常に硬い木材で重量感があります。仏像の木材の中では最も硬い木なので細かく美しい彫りが最大の魅力です。柘植の中でも当店の柘植は最上位ランクの「本柘植」を使用しています。

本柘植仏像 八角台座 舟立弥陀 【浄土宗・時宗】の通販メイン画像
金泥書白毫・肉髻

【高さ21.5~30.0㎝】
高級木材「本柘植」の舟立弥陀如来像。通常彫りなのでリーズナブルな価格。台座は低めの八角台座ですがミニ仏壇~大型仏壇まで対応できます。

本柘植仏像 上彫り 六角台座 舟立弥陀 【浄土宗・時宗】の通販メイン画像
金泥書 or 切金眼入り
白毫・肉髻光背3種類

【高さ25.5~38.0㎝】
高級木材「本柘植」の上彫り仕上げの舟立弥陀如来像。台座は高めの六角台座なので大型仏壇向き。

本柘植仏像 上彫り 八角台座 舟立弥陀 【浄土宗・時宗】の通販メイン画像
金泥書 or 切金眼入り
白毫・肉髻光背3種類

【高さ18.5~34.0㎝】
高級木材「本柘植」の上彫り仕上げの舟立弥陀如来像。台座は低めの八角台座ですがミニ仏壇~大型仏壇まで対応できます。

檀木(ダンボク)製

檀木で作られた仏像を指す「檀像」という言葉が仏教の経典によく見られるように、古来より仏教と密接な関わりがあった木材です。非常に希少でかつ高価なことから古来より日本の仏師憧れの材でした。特徴は白檀に非常に近く、香り以外はほぼ白檀に近い木材です。

檀木仏像 八角台座 舟立弥陀 眼入り【浄土宗・時宗】の通販メイン画像
切金眼入り
白毫・肉髻光背2種類

【高さ19.0~33.0㎝】
檀木仏像はすべて眼入り仏像となります。台座は低めの八角台座ですがミニ仏壇~大型仏壇まで対応できます。

檀木仏像 六角鬼面麒麟台座 舟立弥陀 眼入り【浄土宗・時宗】の通販メイン画像
切金眼入り
白毫・肉髻光背2種類

【高さ31.5~37.5㎝】
檀木仏像はすべて眼入り仏像となります。台座は高めの六角台座なので大型仏壇向き。

白檀(ビャクダン)製

白檀(ビャクダン)といえば爽やかな甘い芳香で優美な気品高い香木です。褐色の色合いはとても深みがあります。原木の輸出が禁止されており、とても希少材料となり木材としては非常に価値のある材料です。

白檀仏像 八角台座 舟立弥陀 【浄土宗・時宗】の通販メイン画像
金泥書 or 切金眼入り
白毫・肉髻光背2種類

【高さ19.0~33.0㎝】
希少で高級木材の「白檀(びゃくだん)」。台座は低めの八角台座ですがミニ仏壇~大型仏壇まで対応できます。

白檀仏像 六角台座 舟立弥陀 【浄土宗・時宗】の通販メイン画像
金泥書 or 切金眼入り
白毫・肉髻光背2種類

【高さ27.5~37.0㎝】
希少で高級木材の「白檀(びゃくだん)」。台座は高めの六角台座なので大型仏壇向き。

融通念仏宗に対応の「掛け軸タイプのご本尊・脇侍」

当社では非常に多くの種類の掛け軸がありますので売れ筋商品のみご紹介します。さらに見たい場合は「掛け軸タイプのご本尊・脇侍カテゴリ」をご覧ください。

スタンド型掛け軸「遥」ウォールナット色 ミニサイズ 【各宗派対応】の通販メイン画像
高さ16.0㎝各宗派対応

おしゃれなスタンド型掛軸タイプのご本尊・脇侍。落着いたウォールナット色のモダンデザインで、ミニサイズです。

スタンド型掛け軸「遥」ウォールナット色 小サイズ 【各宗派対応】の通販メイン画像
高さ18.0㎝各宗派対応

ミニ仏壇・中型仏壇向きのサイズ。3尊並べると半円が現れるデザイン。

スタンド型掛け軸「遥」ウォールナット色 中サイズ 【各宗派対応】の通販メイン画像
高さ25.0㎝各宗派対応

中型仏壇・大型仏壇向きのサイズ。3尊並べると半円が現れるデザイン。

スタンド型掛け軸「遥」ナチュラル ミニサイズ 【各宗派対応】の通販メイン画像
高さ16.0㎝各宗派対応

おしゃれなスタンド型掛軸タイプのご本尊・脇侍。やさしいナチュラル色のモダンデザインで、ミニサイズです。

スタンド型掛け軸「遥」ナチュラル 小サイズ 【各宗派対応】の通販メイン画像
高さ18.0㎝各宗派対応

ミニ仏壇・中型仏壇向きのサイズ。ナチュラルな色合いのモダンデザインです。

スタンド型掛け軸「遥」ナチュラル 中サイズ 【各宗派対応】の通販メイン画像
高さ25.0㎝各宗派対応

中型仏壇・大型仏壇向きのサイズ。ナチュラルな色合いのモダンデザインです。

スタンド型掛け軸 「雅」 小サイズ 【各宗派対応】の通販メイン画像
高さ21.0cm各宗派対応

唐木仏壇や和モダン仏壇によく合う唐木の掛け軸です。小型仏壇から中型仏壇にオススメ。唐木の紫檀材を使用。

スタンド型掛け軸 「雅」 中サイズ 【各宗派対応】の通販メイン画像
高さ26.1cm各宗派対応

唐木仏壇や和モダン仏壇によく合う唐木の掛け軸です。中型仏壇から大型仏壇にオススメ。唐木の紫檀材を使用。