お仏壇に関するQ&A

お仏壇の向き・方角は決まりがあるの?

基本的にお仏壇の向き・方角は北向きを避けてお祀りする方が良いでしょう。(お仏壇の扉が北を向かない様にします)

昔から仏壇の向きには諸説ありますのでご紹介いたします。

南面北座説

仏壇を南に向け、北を背にして仏壇を安置する考え方です。この向きは仏壇に直射日光があたらず、 風通しもよいので、最適な仏壇の安置場所になります。ここから、仏壇の北向きはよくない、と言われるようになったようです。

西方浄土説

西方浄土とは極楽浄土のことで、西方浄土の方向にある西に向かって拝めるように、仏壇を東向き(お仏壇の扉を東に向ける)に安置します。

本山中心説

お仏壇の前に座って礼拝するとき、拝む延長線上に宗派の総本山がある方向に安置します。
本山によって、住む場所によって、西向きにも東向きにも南向きにもなります。

どの説をとるかでお仏壇の向きはどの方向にも変わります。あまり向きにはこだわらず住宅の事情に合わせ、北向きをさければ問題ないでしょう。

さらに詳しく「お仏壇の向き」について知りたい方は当店ブログの「お仏壇の向き」をご覧ください。