遺骨ペンダント・ミニ骨壺イメージ

手元供養に関するQ&A

一部の遺骨を手元に残し、供養をする「手元供養」という形が増えております。遺骨ペンダントミニ骨壺に多く寄せられるご質問にお答えします。

手元供養に関する回答編 Answers

手元供養とは何ですか?

手元供養(てもとくよう)とは、故人の「遺骨」を供養の対象としたものです。自宅供養(じたくくよう)ともいいます。従来は遺骨を自宅のお仏壇の中に入れて供養するということはありませんでしたが、近年では慰霊の場を身近に置いて故人を偲ぶ方が増えています。

遺骨の一部を「ミニ骨壺」に入れてお仏壇に入れて供養の対象としたり、より近くに感じていたいとのことで「遺骨ペンダント」などに入れて常に身につけられたりすることも増えてきています。

現代ではお墓を設けず、海洋散骨や樹木葬が多くなってきた背景もあり、遺骨の一部を残したいとのニーズから手元供養という新しい形が始まりました。

手元供養のイメージ画像
分骨のタイミングはいつがいいの?分骨の手続きはいらないの?

仏式では一般的に初七日~四十九日または一周忌までに納骨することが多いのですが、納骨の際までに分骨するのが一番自然な流れです。

遺骨ペンダントで身につけたり、ご自宅で手元供養する場合の手続きは必要ありません。 ただし分骨した遺骨を別のお墓に納める際には「分骨証明書(※1)」が必要になります。 将来、別のお墓に納骨する可能性があれば、あらかじめ墓地の管理者より発行してもらうと良いでしょう。

また納骨してからでも石材店に依頼し、墓石を動かして遺骨を取り出す事もできます。

(※1)「分骨証明書」とは分骨に必要なものではなく「分骨をどこかに納骨する」というときに必要な書類です。なので手元供養(自宅供養)のみ場合は必要ありません。また発行は納骨してくれる業者が発行してくれて1通数百円程度です。

全骨を自宅に保管していても良いの?法律があれば教えて下さい。

遺骨を自宅で保管することには全く問題ありません。手元供養する際の一部の遺骨だけでなく全骨を自宅保管しても問題ありません。期間についても一生持っていても大丈夫です。基本的に遺骨は地面に埋める際には法律が発生する思って下さい。

なのでミニ骨壺に収めた遺骨をゆくゆく自宅の庭などに勝手に埋めてしまったりしても法律違反です。

全骨の骨壺のサイズについて

予備知識として、遺骨の量は東日本と西日本で収骨(火葬した後の骨を拾うこと)の下記のような差があります。

東日本の場合

東日本は全骨収骨ですので、火葬した後、骨壺にすべての遺骨を入れます。なので骨壺のサイズも6寸(約18cm)~7寸(約21cm)という大きめの骨壷を使用します。

西日本の場合

西日本は部分収骨ですので、火葬した後、骨壺に一部の遺骨を入れます。なので骨壺のサイズも3寸(約9cm)~5寸(約15cm)という小さめの骨壷を使用します。

東日本と西日本の境目の愛知県など一部の地域では、同地域内でも収骨方法が2通りあることもあるようです。

上記の通り、東日本の骨壺は大き目のサイズです。また、全骨を自宅に保管する場合は「台付きタイプのお仏壇」の下台に収めておく方が多いです。ほとんどのお仏壇メーカーも東日本の骨壺が入るように下台のスペースを設計してますので全骨を収納する方は「台付きタイプのお仏壇」をおすすめします。また「納骨できる仏壇台」に収納しても良いでしょう。

お仏壇・仏壇台に全骨を収納している画像
私たちが自分で遺骨にさわってもいいの?

もちろん大丈夫です。大切な故人の遺骨ですので、故人を想いお気持ちをこめて大事に取り扱ってあげてください。

また遺骨を触ることに抵抗がある方もご安心ください。ルミエールではミニ骨壺・遺骨ペンダントをご購入者様には骨壺から「遺骨をすくう杓子」を無料でサービスしております。木製ですので使用後は焼却してお焚き上げもして頂けます。

遺骨をすくう杓子

また法律的には遺体の火葬は法律で規定されていますが、その後の焼骨の扱いについての規定はなく、焼骨を何らかの容器に納めて身につけても法律に触れることはありません。

親族でなくても遺骨をもっていていいの?

ご遺族の了解があれば、親族以外の方でも遺骨をお持ちになることになんら問題はありません。 ご縁のある方が身近に遺骨をお持ちになることも心のこもったご供養のひとつです。

遺骨はすべてお墓に納めないと成仏できないのでは?

仏教の教えでは成仏できます。例といたしまして、仏教の祖であるお釈迦様の遺骨は世界各地の格式の高い8万カ所以上の寺院に分骨してあります。日本の歴史上の人物の中にもお墓が複数あるケースは多々あります。このことから仏教において分骨はなんら問題ありません。

ただし、キリスト教やイスラム教は「死後の復活を信じている」考えの宗教です。なので遺体の体の全てが備わっていることを大変重視します。もしご家族やご親戚に他の宗教の方がいる場合や分骨に抵抗がある方などがいる場合はしっかりとご相談してから分骨して下さい。

すでにお墓に納めた遺骨を取り出すことは可能?

お墓から遺骨を取り出すことは可能です。納骨を依頼した石材店に、菩提寺にお墓がある場合は住職にご相談してみると良いでしょう。地域にもよりますが、取り出すのみの場合はだいたい2~3万円が相場といわれます。

墓じまいをして手元供養への切替えについて教えてください。

「墓じまい」とは既存の墓を撤去し、墓所を更地にして使用権を返還することです。引越ししてお墓が遠くなっていけなくなってしまった場合や高齢化によってお墓の管理が難しくなったなど理由は様々ですが「墓じまい」という選択をして遺骨の一部を自宅において手元供養する方も増えております。

その場合は、まずお墓を作ってもらった石材店や寺院に相談して、どなたの遺骨があるのか、遺骨の状態、数量などを確認します。その後、遺骨を取り出し「ミニ骨壺」や「遺骨ペンダント」に移し替えるのですが、一部の遺骨しか入れることが出来ないので、残りの遺骨の処分を検討しなければいけません。

残りの遺骨の処分は様々な方法があるのでこちらも石材店や寺院にご相談してみて下さい。海洋散骨を行ったり、墓地の永代供養墓(複数人が合同で入れるお墓)に入れたり、寺院にお焚き上げ供養をしてもらいその後、処分してもらったりと様々な方法があります。

自分が亡くなったその後が心配です。手元供養の最後は?

ご自分がもしもの時には、大切な方の遺骨も一緒に棺に入れて欲しいという方が多いです。あるいは、節目の法要を機にお墓に戻される場合もあるようです。いずれにしてもご家族に本人の意思を伝えておくことが大切です。

近年では、海洋散骨も増えてきましたので選択肢のひとつまでに留めておいてもよいでしょう。

可燃性の「木製のミニ骨壺」もご用意しています。金属製ですと最後に焼却処分ができませんが、木製や陶器製のものは焼却が可能なのでその点優れております。

【ミニ骨壺】どの部分の遺骨を入れるのがいいですか?

ご遺骨のどちらの部分も、大切な方の生きた証ですので、お気になされなくてもよいと思います。

お客様の中には、形状が仏様が座禅をしている姿に見えるといわれている「喉仏(のど仏)」(別名:舎利)を入れ、手元供養される方もいらっしゃいます。喉仏は亡くなられた方の体格によりますが、一般的な成人の方のサイズで高さ4cm×幅6cm程度です。なので喉仏を入れる場合は口径の大きいミニ骨壺を選ぶと良いでしょう。

お仏壇・仏壇台に全骨を収納している画像
【ミニ骨壺】遺骨以外に「髪の毛」や「爪」などを納める方はいますか?

遺骨や遺灰以外にも、故人が遺された「遺品」「形見」「髪の毛」「爪」などを入れられる方もいらっしゃいます。

【ミニ骨壺】ミニ骨壺の中でカビが生えたりしないですか?

約1,000度以上で火葬されたご遺骨は、滅菌されますが、ミニ骨壺の中の環境によっては遺骨にカビが生えてしまう可能性は十分あります。遺骨をカビから守って頂く為には下記の点を注意して頂くと良いでしょう。

  1. 風通しのよい場所に飾る
  2. 気温差や温度変化が起きにくい場所に飾る(結露が起きるため)
  3. 晴れた湿度の少ない日にミニ骨壺を開けて天日干しする(カビは日光に弱い為)
  4. 蓋部分の気密性の高いミニ骨壺を選ぶ。(テープなどを巻いて気密性を上げても良い)
  5. 抵抗がなければお菓子などにも入っている乾燥剤(シリカゲル)を入れる

実は、お墓の中の骨壺内などは結露が発生しやすく、空気の流れもない為、カビが発生してしまいやすい環境でもあります。お墓への納骨の際などは気密性を高く保てるように蓋部分をテープなどで巻いたり、骨壺内に除湿剤を入れたりしても良いでしょう。

万が一、カビが発生してしまった場合、下記の方法でカビを除去する方法があります。

天日干しをする

カビは日光に弱いので、わずかに生えた程度のカビであれば日光消毒で繁殖を抑えることができます。よく晴れた日に、ブルーシートなどの上に遺骨を広げて、数時間程度天日干しをしましょう。

再火葬をおこなう

カビの繁殖がひどい場合などは、遺骨をもう一度火葬することで、強固に根付いてしまったカビも焼き飛ばして除去できます。火葬業者などに相談してみるのがよいでしょう。

【ミニ骨壺】ミニ骨壺はお仏壇に飾る場合はどこに飾ればいいの?

特にミニ骨壺には飾る位置の決まりはございませんが参考までに下記をご参照ください。

本尊がない場合とある場合のミニ骨壺の飾る位置

ご本尊とお位牌を設けない場合はミニ骨壺を中央に飾り、お飾りすることが多いです。

ご本尊とお位牌を設ける場合は故人様のお位牌のすぐそばにミニ骨壺を飾り、お飾りするのが自然でしょう。

【ミニ骨壺】手元供養におすすめの仏壇があれば教えて下さい。

手元供養をするからこの形状のお仏壇でなければいけないということはありません。手元供養のされる方に人気の「ミニ仏壇・パーソナル仏壇」でも良いですし、通常のお仏壇の中に入れて頂いても大丈夫です。全骨を自宅で供養していく予定の場合は「下部に納骨が可能な台付仏壇」や「納骨が可能な仏壇台」などを設けることをおすすめいたします。

手元供養におすすめの仏壇種類
【遺骨ペンダント】遺骨や遺灰はどうやって納めるのですか?

遺骨の納め方はムービーでご紹介いたします。非常に簡単に遺骨を入れることが可能です。

各商品ページや【取扱い説明書】にも遺骨の入れ方は記載しております。難しいことはなく誰でも簡単にできます。

遺骨ペンダントの場合は、遺骨を入れる入口は3mm程度ですので粉末状のものや、米粒くらいの小さい骨を入れる程度となります。

【遺骨ペンダント】金属アレルギーがあるのですが…

アレルギーをおこしにくい、ステンレスやチタン素材のペンダントもご用意しています。

人体への影響が極めて少ないため、医療用のメスやハサミなどにも用いられている素材です。金属アレルギーは使用者の体質などにもよりますが心配な場合は【サージカルステンレス・チタン】のものをおすすめ致します。

また遺骨ペンダントの多くの商品は「18金」「24金」などの高級素材でもお手配可能な商品が多くあります。ですが基本的に受注を頂いてからの製作となるためお時間を頂くことと、価格もその時の金の相場によって変動するため、都度お問い合わせいただいた方に別途ご案内しています。ご希望の方は「遺骨ペンダント」の種類をお選びの上、こちらの「お問い合わせフォーム」からお問合せ下さい。

【遺骨ペンダント】遺骨ペンダントはお風呂やプールに入る際でも使用できますか?

水などに浸かると、インナーポケットの中に納めたものに影響が出ることがあります。水泳やご入浴などの際にはお取り外しください。

【遺骨ペンダント】遺骨ペンダントのネジが緩んでしまうことはありませんか?

遺骨ペンダントの多くはネジタイプの蓋です。しっかりと閉めれば問題ないとは思いますが、ネジが緩んでくる可能性もゼロではありません。定期的に確認して頂くか、当社では付属している専用接着剤での固定をお勧めしております

当店での遺骨ペンダント販売時は2種類のタイプの接着剤のどちらかを選択頂き、付属しております。付けてすぐ固まる「瞬間接着剤(0円)」と約24時間かけてゆっくりと固まる「長時間型固着剤(有料+800円)」の2種類のタイプがあります。強度にはあまり差はありませんが、瞬間接着剤はつけてからすぐに締めないとネジが入らなくなる恐れがあるので不安な方には「長時間型固着剤」をおすすめしております。

遺骨ペンダントの接着剤のイメージ画像

また、遺骨ペンダントの紛失などのリスクもありますので、一部メーカーはカプセルを付属している商品もあり、分骨のタイミングでカプセルに予備の遺骨を入れられる商品もございます。(付属されている商品は各商品ページに記載あり)なお、ご遺骨などを紛失されたことに対する責任は負いかねますので、ご了承ください。


PAGE
TOP

自動チャットサポートPC